栄通の案内版

eitu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:☆市立小樽文学館( 3 )


2012年 05月 27日

⇒企画展) 「活版印刷物語」 小樽・文学館 4月7日(土)~5月27日(日)

f0142432_1623309.jpg
○ 活版印刷物語  


 会場:市立小樽文学館
      小樽市色内1丁目9番5号
      (小樽駅から5分ほど運河方面へ。
       ※ 駐車場有り。)  
      電話(0134)34-0035

 会期:2012年4月7日(土)~5月27日(日) 
 休み:基本的に月曜日(定休日)
 時間:9:30~17:00
 料金:一般・300円 高校生・150円 中学生以下・無料

ーーーーーーーーーーーーーー(5.22)

 カフェ エス・キスに久しぶりに訪問。そこでオーナーに、「丸島さん、面白かったですよ。今週の日曜日までですが、時間があったら是非」、と資料を頂きました。ありがとうございました。


 「現在も続けている活版印刷所の作業風景パネル、金属活字、使われてきた道具の数々、高度な職人技によって組まれた美しい本の展示・・・」とありあます。ビデをも流れていて、職工さんの作業風景なり作業場の様子に関心されたとオーナー氏は語っていました。

 資料の印刷物は当然活版です。デコボコが何とも新鮮です。
 見に行っても会場風景はお伝えできないでしょう。それはそれとして、気になる企画展です。
[PR]

by eitu | 2012-05-27 16:34 | ☆市立小樽文学館
2010年 08月 29日

⇒個展) 小樽文学館&小樽運河プラザ 「森山大道・写真展 北海道ー第2章/展開」 7月31日(土)~8月29日(日)

f0142432_7555629.jpg

○ 森山大道・写真展
    北海道ー第2章/展開


◎ 会場:市立小樽文学館
     小樽市色内1丁目9番5号
      (1F2Fに美術館があり、2Fに文学館。
       小樽駅を10分ほど運河方面に)
     電話(0134)32-2388

 会期:20010年8月3日(火)~8月29日(日)
 休み:月曜日(定休日) 
 時間:9:30~17:00 
 料金:一般300円 高校生・市内在住70歳以上150円 中学生以下無料


f0142432_7571911.jpg◎ 会場:小樽運河プラザ
     小樽市色内2丁目1番20号
      (小樽駅を10分ほど運河方面に)
     電話(0134)32-2388

 会期:20010年7月31日(土)~8月22日(日)
 休み:会期中無休
 時間:9:30~18:00 
 料金:一般500円 高校生・市内在住70歳以上300円 中学生以下無料

※ 関連イベント ⇒ (パンフを拡大して確認してください。)

ーーーーーーーーーーーーーーーー(8/2)

 昨年に引き続いての、大々的な森山大道・写真展です。

 今年の特徴はデジタル・カラーの最新ショットも、旧作と交えて見れることです。「昔」と「今」です。
[PR]

by eitu | 2010-08-29 07:45 | ☆市立小樽文学館
2008年 06月 08日

⇒文学館) 小樽文学館 「小林金三・画展 小樽・街と家並み」 4月5日(土)~6月8日(日)

f0142432_14315199.jpg○ 小林金三・画展
    小樽・街と家並み

 会場:市立小樽文学館
     小樽市色内1丁目9番5号・1F2Fに美術館があり、2Fに文学館(小樽駅を5分ほど運河方面に)
     電話(0134)32-2388
 会期:2008年4月5日(土)~6月8日(日)
 休み:基本的に月曜日が定休日(5・12、5・19、5・26) 
 時間:9:30~17:00 
 料金:一般300円 高校生・市内在住70歳以上150円 中学生以下無料

 ※ギャラリー・トーク
  6月7日(土) 14:00~、企画展会場にて。入館料が必要。
  「小林金三氏、小樽を語り、絵を語る」
     聞き手・亀井秀雄当館館長
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「北海道新聞社記者であった小林金三氏が、小樽に赴任した1970年代初めに描いた小樽の町並みの素描や水彩画。文筆家の眼で描かれた町並みには小樽の歴史と庶民の暮らしが深く暖かい奥行きを与えている。小林金三氏自身のエッセイをそえた画文展。」(ウエブ・サイト案内より)


 【略歴】
 1923(大正12)年 北海道三笠市生まれ
 1941(昭和16)年 満州国立建国大学入学
 1943(昭和18)年 同大学経済学科2年を修了し、学徒出陣 
 1946(昭和21)年 北海道新聞社入社。主として政経部、論説勤務を経て論説主幹
 1983(昭和58)年 退社


 いつ小林氏が小樽に赴任されたかは分からない(1970年代)。わずか1年10ヶ月という短い生活ではあったが絵心が触発されてスケッチを中心に多くの絵を描いた。道新退社後に期するところがあって画家宣言をした。同時に小樽時代のスケッチなどを中心に画集を出版している。今展はそれらの原画と、絵に関わるエッセーをそえた画文展のようだ。

 論説委員まで努めた小林氏のことだから、小樽の知識は並みのものではないだろう。小樽運河にまつわる住民運動、商都小樽の歴史性・独自性、北都札幌との比較都市論など、ひとつを聞けば溢れる返事が返ってくるかもしれない。

f0142432_1542230.jpg 僕は時計台で氏の個展を見たことがある。その時に自著を無料で配布していた。立派な本であった。タダで貰うのは気が引けたので、同時に販売していた本を買った。二冊で800頁弱のボリュームで簡易枕にもなる。
 「白塔」は氏の若き学生時代の満州建国大学の話。「満州」という言葉だけで生臭い臭いがする。フィクションという小説仕立てではあるが、氏にとっては書いておかねばならない昭和史なのだろう(2002年初版)。
 「こばきんー冬青山房雑記」はエッセー風の自分史だ。生い立ちとしての炭鉱、中国大陸での青春時代、仕事としての北海道新聞社時代、退社後の画家時代と、主観・客観交えての文章群だ。聞(ぶん)屋さんだから、いつまでたっても書くことが好きなのだろう。
 さも読んだようにして氏の本を語った。実は殆んど読んではいない。最近、北海道地方史が気になり始めたところだ。ようやく買った本が役にたちそうだ。

 
[PR]

by eitu | 2008-06-08 13:53 | ☆市立小樽文学館