カテゴリ:[夕張]夕張市美術館・他( 3 )


2010年 01月 29日

⇒3人展) 夕張市役所内・あずましい 「松原攻・田淵真保・桜井亮 『3人展』」 1月8日(金)~1月29日(金)

f0142432_1634437.jpg
○ 松原攻 田淵真保 桜井亮  
        3人展
   
 会場:ふるさとギャラリー「あずましい」
     夕張市本町4丁目2番地・夕張市役所 2F
     電話(0123)

 期間:2010年1月8日(金)~1月29日(金)
 休み:土・日・祝日
 時間:8:45~17:30

ーーーーーーーーーーー(1・2)

 案内状を頂ました。ありがとうございます。

 桜井亮さんは新道展で活躍されていて、お名前、作風ともども良く覚えています。
 日本画風の装飾性の強い絵画ですが、その中にアイロニーがあって、ただ美しいとかノスタルジックだとかの言葉で収斂できない作風です。
 最近はインスタレーション風立体作品も手掛けていて、元気盛んです。新道展の立体部門が期待に反して沈滞ムードが漂っているので、氏の元気さは飛び抜けています。

 さて、他の作家はわかりません。すいません。ですから、見に行きたいのですが、この時期の夕張はどうしたものか?新年早々、小さな楽しい悩みを頂きました。
[PR]

by eitu | 2010-01-29 15:39 | [夕張]夕張市美術館・他
2009年 08月 23日

⇒企画展) 夕張市美術館 「森山大道・写真展  ~北海道序章~」 7月11日(土)~8月23日(日)

f0142432_1984544.jpg

○ 森山大道・写真展 
    ~北海道序章~

   
 会場:夕張市美術館
    夕張市旭町4の3
    電話(0123)52-0903

 期間:2009年7月11日(土)~8月23日(日)
 休み:平日の月曜日(定休日)
 時間:9:30~17:00
 料金:大人・700円 高校生・500円 小中学生・300円 シニア(65歳以上)・600円

 主催:夕張市教育委員会 夕張市美術館支援友の会 札幌宮の森美術館

 企画:CAPSS(NPO法人芸術文化事業支援機構)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(7・5)

  ・1938年(昭和13) 大阪府池田町(現池田市)に生まれる。本名大道(ひろみち)。
  ・1963年(昭和38) フリーの写真家として独立。
  ・1968年(昭和43) 初期代表作「にっぽん劇場写真帖」出版。
  ・1972年(昭和47) 写真とは何かをラディカルに追求した問題作「写真よ作用なら」出版。
  ・1978年(昭和53)・夏 三ヶ月、札幌に滞在。 
f0142432_1993722.jpg


 今展の作品は、上記の札幌滞在中に雨降り以外はカメラを持ち、バスに乗り列車に乗り、北海道のあちこちを写し撮ったものです。
 何枚撮ったかは不明ですが、新たに2,000点をプリントし、道内5ヶ所においてそれぞれの地域やコンセプトに沿って構成された展覧会です。その第一弾です。


 以下、開催予定表です。

  ・札幌宮の森美術館   6月26日(金)~8月30日(日)
  ・夕張市美術館      7月11日(土)~8月23日(日)
  ・アルテビアッツァ     7月29日(水)~9月28日(月)  美唄市落合町
  ・札幌パルコ        9月12日(金)~9月28日(月)
  ・東川町文化ギャラリー 2月19日(金)~3月29日(日)  上川郡東川町東町1丁目

 素晴らしい連続展覧会です。単なる巡回展ではありません。写真家・森山大道が特定の場を見つめた痕跡を追体験できる展覧会です。

   ~~~~~~~~~~~~~~~
 
 夕張ほど北海道近代史においてメリハリの強い町はそんなに無い。現三笠市への幌内鉄道が石炭と鉄道の道内の始まりだ。石炭開発自体は夕張は三笠の後塵を踏んだが、大正から昭和にかけては文化運動も起こり、戦後の石炭復興は目覚しく、その最盛期の昭和36年には人口11万以上にもなり、道内有数の都市になった。
 しかし、今は石炭の負の遺産を大いに膨らませて、石炭時代とは意味を事にしてその名を全国に有名にさせてしまった。
 森山大道が夕張に訪れた1978年の夏、すでに廃坑の嵐は吹き終えて石炭のみの町から炭鉱とプラス・アルファを模索し始めた頃だ。今から見れば、借金の種を蒔き始めた頃と言えるかもしれない。
 そんな夕張を森山大道はどういう形で残したのだろう?
[PR]

by eitu | 2009-08-23 18:54 | [夕張]夕張市美術館・他
2008年 09月 15日

⇒企画展)夕張市美術館「2008 G8サミット記念特別展 石刻画・山田光造・展」 7月1日(火)~9月15日(月)

f0142432_18391297.jpg○ 2008 G8サミット記念特別展
    『石刻画 山田光造・展』
   
 場所:夕張市美術館
    夕張市旭町4の3
    電話(0123)52-0903
 期間:2008年7月1日(火)~9月15日(月)
 休み:会期中無休
 時間:9:30~1700
 料金:大人・700円 中高生・500円 子供(4歳~小学生)・300円

 主催:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 サミットは終わりましたが、それを記念しての企画展のようです。
 この案内を載せる理由ははっきりしています。
 一つに、加森観光が委託運営しているこの美術館が、何らかの形で企画展を開いたということ。
 一つに、入場料金の記録です。

 個人的には行きたい見たい思いは強いのですが、しばし思案中です。単純に料金の問題と、山田光造氏を知らないので、料金に見合う自分好みかが心配なのです。

 既に始まっていて、期間も長いのでおそらく行くと思います。「夕張問題」の後、市立美術館がどういう風に運営されているかも確認したい。


※ 山田光三の栄通記内関連サイト
    ⇒700)夕張市美術館 ①「夕張美術館と石刻画・山田光造・展」
      705)夕張市美術館 ②「夕張美術館と石刻画・山田光造・展」
      711)夕張市美術館 ③「夕張美術館と石刻画・山田光造・展」
[PR]

by eitu | 2008-09-15 18:41 | [夕張]夕張市美術館・他