カテゴリ:[恵庭]( 5 )


2009年 09月 06日

⇒2人展) 島松・夢想館 「長坂栄子 清武昌・二人展」 9月1日(火)~9月6日(日)

f0142432_1818489.jpg
○ 長坂栄子 清武昌・二人展

 会場:夢想館
     恵庭市島松仲町1丁目2番地20 
     電話(0123)36ー6050

 会期:2009年9月1日(火)~9月6日(日)
     (JR島松駅より徒歩1分。)
 時間:9:00~18:00
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーー(8・17)

 道都大学2年生の清武昌君です。長坂栄子さんは学生でしょうか?ちょっとわかりませんが、恵庭つながりのお二人です。

 「夢想館」、名前は知っていますが行ったことがありません。JR島松駅の直ぐ傍です。いい機会だから、その辺の探索を兼ねて行きたいと思っています・・・。



[PR]

by eitu | 2009-09-06 18:11 | [恵庭]
2009年 06月 16日

⇒2人展) カフェ・10パウンド 「高崎勝司・幸子 版画二人展 ~土の中から」 5月15日(金)~6月16日(火)

f0142432_2025846.jpg○ 高崎勝司・幸子 版画二人展 
   「土の中から」

 会場:カフェ&ギャラリー 10pound(テン・パウンド)
     恵庭市島松沢1 
     (36号線島松沢入り口より島松川沿いを上流へ6km。)
     電話(0123)29-3355
 会期:2009年5月15日(金)~6月16日(火)
 時間:9:00~18:00
     (最終日は、~15:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーー(5・6)

 案内状を頂きました。有難うございます。

f0142432_20474675.jpg







 ・・・それぞれ市民農園での野菜作りを通して生まれたような作品なので「土の中から」と題しました。・・・ (案内パンフより。)

 腐食版画だと思います。おそらく御夫婦だと思いますが?。確か大同ギャラリーで作品を見た記憶があります。
 高崎勝司さんは「土の中」の微生物のようで、ミクロの世界。見つめる眼差しです。
 高橋幸子さんは畑を面と色で区分けして、春夏秋の風景。大地自然の模様と心模様を重ねているみたい。
[PR]

by eitu | 2009-06-16 20:15 | [恵庭]
2009年 05月 17日

⇒博物館) 恵庭市郷土資料館 「カリンバ遺跡・重要文化財 特別公開2009春」 5月2日(土)~5月17日(日)

f0142432_1426615.jpg○ カリンバ遺跡・重要文化財 特別公開 2009春
    『春の特別展』


 会場:恵庭市郷土資料館
     恵庭市南島松157-2 
     電話(0123)37-1288
 会期:2009年5月2日(土)~5月17日(日)
 休み:月曜日、祝日の翌日、毎月最終金曜日
 時間:9:30~17:00
 料金:無料

※ 柏木川4遺跡展 ⇒ 4月21日(火)~6月28日(日)    

ーーーーーーーーーーーーーーーー(5・6)

 カリンバ遺跡には有名な土坑墓があります。3000年前のお墓です。副葬品としてカラフルな飾り物が発見されています。お墓は4つほど在り、おそらく代々引き継がれての一族の可能性も指摘されている。つまり、その地域の有力者の墓集団だったかもしれない。
 赤に塗られた漆遺品が埋葬者の身に付けられていた。墓穴にもベンガラで赤く化粧されていた。埋葬者は祭儀を司る人には間違いないのですが、およそ3代に渡って同じような墓があるのですから、何らかの階層が成立していたのでしょう。墓に対する執着と、階層社会を思わせる富の蓄積がここの遺跡のセールス・ポイントです。

 カリンバ遺跡、場所は江別駅北口から北に歩いて10分程です。現地はただただ広い野原になっていて、「カリンバ遺跡跡」という看板と説明書きがあるばかりです。現在は無くなってしまった南を流れるトーウイソ川と北を流れるカリンバ川に挟まれた、ほんの少し高い丘陵地でした。
 そしてここらは石狩低地帯における南北の人の交流の場です。太平洋と日本海を結ぶ地点です。しかも、北東北文化と一体的な道南地方と、より寒冷で厳しい風土であり千島や樺太と直接交流のある道西道北地方との結節点でもあるのです。カリンバ地域に限らず、江別・恵庭・千歳は他地域との交流を示すと同時に日本古代史においても異彩を放つ遺跡文物が沢山発見されています。
 比較的に住み良くなった縄文時代において石狩低地帯の川筋は北海道全般の文化のルツボ的地域だったのでしょう。

 郷土資料館はカリンバ遺跡から車で5分位の所にある立派な施設です。特別展示室には常時カリンバ遺跡関係の埋蔵物が展示されています。今回は「選りすぐりの美術工芸品を期間限定で公開します」。他の郷土資料と合わせて、「恵庭」という地域を考えてたくなります。


[PR]

by eitu | 2009-05-17 12:25 | [恵庭]
2008年 05月 31日

⇒個展)ファインアート器野 「勝野好則・硝子展 ~季節を愉しむ器達~」 5月25日(日)~5月31日(土)

f0142432_2264635.jpg○ 勝野好則・硝子展
    ~季節を愉しむ器達~

 会場:ファインアート器野
     恵庭市林田200番地・(南15号の西側に面し、西三線と交差する辺り) 
     電話(0123)36ー5511
 日程:2008年5月25日(日)~5月31日(土)
 時間:11:00~16:00

※ 野外オープニング
   5月25日 14:00~17:00(雨天納屋にて決行)
   一部 お筝演奏:村川秀聆桜「ジャパネスク『響』、こもれび」
   二部 春の蕎麦会:打ち手 勝野好則「三たてをごらん下さい」
   料金:¥1,200(中学生以下無料)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 案内状を頂きました。有難うございます。

 帯広(音更町)のガラス作家・勝野好則さんのガラス個展です。勝野さんは度々札幌で販売展示会をされていて、ひと月前にもさいとうギャラリーで個展を開いたばかりです。今度の場所は不便な処ですが、なかなか小粋で開放的な空間と建物です。
 オープニングには作家自身の蕎麦会も予定されていています。


f0142432_2157994.jpg
[PR]

by eitu | 2008-05-31 21:43 | [恵庭]
2008年 04月 04日

⇒個展)ファインアート器野 「菅原美穂子・作品展 ー紡ぎ詩ー」 3月30日(日)~4月4日(金)

f0142432_9195565.jpg○ 菅原美穂子・作品展
    ー紡ぎ詩ー

 会場:ファインアート器野
     恵庭市林田200番地・(南15号の西側に面し、西三線と交差する辺り) 
     電話(0123)36ー5511
 日程:2008年3月30日(日)~4月4日(金)
 時間:11:00~17:00(最終日は16:00迄)
ーーーーーーーーーーーーーーー

 菅原さんは写真も撮っていますが、今回はメインの水彩画。画面から人形のような人物が静かに立ち上がってくるという叙情的な絵。人物描写にメルヘン過多になりがちなのが気になりますが、背景の空気感というのか淡さ華やかさが気に入っています。

 注意1:ここは島松川、柏木川、漁川、千歳川などに挟まれた低湿地の田園地帯。今でこそフラットな綺麗な眺めを楽しめそうですが、開拓には治水に相当苦労されたことでしょう。地図を見ると幾つかの池を確認できます。昔の川の痕跡かも知れません。川筋も人工的な直線になっている部分もあり、そのことが開拓の後世への証拠でしょう。
 川に挟まれているというこで、ここはとても行きにくそうです。北広島駅前の道道からも、国道274号線からも橋を見つけないと付近に接近できません。実際、僕も車窓から眺めただけで一度も近所に行ったことがありあせん。
 川に挟まれた田園地帯、絵だけでなく風景も楽しみにして、散策に出かけようと思っています。

 注意2:付近の南9号と西三線の交差する辺りに、「ギャラリー器野」・「アイデアート器野」があります。経営者が同じなのかよく分かりませんが、お間違えのないように。ここを含めて器の展示・販売を中心にしているのでしょうか。


f0142432_9203954.jpg

[PR]

by eitu | 2008-04-04 09:16 | [恵庭]