栄通の案内版

eitu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:[北広島・長沼・栗山・由仁]( 11 )


2013年 11月 30日

⇒企画展) 「Art in Progress企画展 『Timeless:時の肖像』」 由仁実験農場 11月3日(日)~11月30日(土)

f0142432_18345346.jpg






Art in Progress
  企画展
 

Timeless:時の肖像
  


 会場:由仁実験農場
     北海道由仁町東光149
      (JR由仁駅から徒歩15分)
     電話 090-8902-1533 (大井)

 会期:2012年11月3日(日)~11月30日(土)
 休み:月曜日
 時間:土日祝日 ⇒ 11:00~18:00
     火水木金 ⇒ 開場時間は要連絡 

 主催 :北翔大学北方圏学術情報センター美術研究プロジェクト 

 【参加作家】
 大井敏恭 末次弘明 林亨 

※ アーティスト・トーク ⇒ テーマ「それぞれの自作について」 初日(日) 14:00~15:40 
             作家・大井敏恭 末次弘明 林亨 聞き手・塚崎美保 
            
※   トーク終了後はミニパーティー
  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(11.2)

 案内をいただきました。ありがとうございます。

 会場が分かりにくいので、DMの略図を載せます。


f0142432_18391565.jpg




 「時の肖像」というタイトルです。そして、「絵画は美術史である前に記憶装置である」という副題?がDMにあります。
 「記憶装置」、なかなか難しい言葉です。いえ、言葉は明解ですから意味はわかります。「絵画=記憶装置」とはどういうことなのでしょう?

 そういう難しい問題意識による企画展覧会です。そういうことを頭の片隅に置いて、後は見る方の勝手意志で展覧会なり、作品を楽しみましょう。
 会場はユニークなところです。そんな場での発表ですから、何かを期待して見に行きましょう。


 開催日は変則です。無手勝流の気ままな訪問者でしたら、土日祝日を選んだほうが良いでしょう。月曜日以外の平日は、開館時間の確等、電話連絡が必要です。
[PR]

by eitu | 2013-11-30 18:12 | [北広島・長沼・栗山・由仁]
2012年 07月 29日

⇒企画グループ展) 「とびら展」 北広島市芸術文化ホール 7月20日(金)~7月29日(日)

f0142432_1491844.jpg

とびら


 会場:北広島市芸術文化ホールギャラリー
      北広島市中央6丁目2番地の1 
       (JR北広島駅東口4番出口、徒歩1分。
       札幌駅から当駅まで快速で16分。)
      電話(011)372-7667

 会期:2012年7月20日(金)~7月29日(日)
 時間:10:00~18:00 
      (最終日は、~17:00まで)

 主催 :当館運営委員会 

 【参加作家】
 佐藤一明 ダム・ダン・ライ 久野志乃 森本めぐみ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(6.18)

 某ギャラリー・オーナーから案内を頂きました。ありがとうございます。


 毎年開かれている企画展です。今回のテーマは「とびら」です。
 あくまでも個別作家のそれぞれの取り組みですが、その全体なりが企画者の「とびら」考の意図を反映することでしょう。
 
 「とびら」、どんなイメージでしょうか?
 未知への入り口?その先に明かりを見ましょうか、闇を見ましょうか?
 向こうの人にとっての入り口かもしれない。
 「いえいえ、とびらとは出口ですよ」と言うかもしれない。
 大事なものの出入り口、触れたくないものの出入り口?単なる回廊の一区切り?
 時間の回廊?空間の膜?
 
[PR]

by eitu | 2012-07-29 13:59 | [北広島・長沼・栗山・由仁]
2011年 10月 27日

⇒新G.&S.) 「9月3日(土) 栗山町に『gallery & shopキロル』オープン!!」 土日のみ 11:00~17:00

f0142432_149398.jpg
○ 2011年9月3日(土) 

 栗山町
  「gallery & shop キロル」 
        オープン!!




 場所:北海道夕張郡栗山町湯地60
      (北海道介護福祉学校の並び。)
      電話(0123)72-8008

 営業日:土曜、日曜日のみ
 時間:11:00~17:00  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(10.25)




 モザイク版画の古林さんから案内状を頂きました。ありがとうございます。

 「焼き物、キャンドル、木工、家具、書、銅版画、布小物 etc・・・」
 栗山町の仲間達による「キロル」でしょう。息の長い活動になればと思います。

 オープンして一ヶ月以上は過ぎています。何かと大変な準備だっと思いますが、今はどんな様子なのでしょう。早くに案内状を頂いていたのに、遅い掲載になりました。タイムリーさに欠けてしまってすいませんでした。


[PR]

by eitu | 2011-10-27 16:44 | [北広島・長沼・栗山・由仁]
2010年 09月 26日

⇒グループ展) 栗山町・小林酒造 「くりやまARTノート展 『時をこえる風-3』」 9月18日(土)~9月26日(日)

f0142432_2233679.jpg
○ くりやまARTノート

   時をこえる風ー3



 会場:小林酒造・四番館
      夕張郡栗山町錦3丁目109
      電話

 会期:20010年9月18日(土)~9月26日(日)
 時間:10:00~17:00 

 【参加作家】
 石川進一(陶芸) 伊達圭介(鍛造) 奥田秋湖(書) 古林玲実(銅版) 櫻井佳枝(キャンドル) 中川晃(ガラス) 藤島亮(イラスト) 宮本秀仁(家具)・・・以上、8名。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(9.18)

 参加作家の古林玲実さんから案内状を頂きました。ありがとうございます。

 「くりやまARTノート」とは、栗山町在住のアート・グループです。昨年結成されて、今回の展覧会が3回目です。案内を頂いた古林玲実さんは栗山の人だったんですね。
 作家のジャンルを見てみると「絵画」作家がいません。たまたまなのでしょう
 しっかりDMを見ていませんでした。藤島亮さんはイラストレーターです。絵描きさんでした。(他にも一部間違っていました。9.21記)

 メンバーも気になりますが、会場も気になります。小林酒造の敷地内のようです。行ってみたい所です。


 追記(9.21)。9月24日(金)、25日(土)、26日(日)は栗山祭りとのことです。秋祭りですね。道路状態は混雑するかもしれませんが、賑やかで良いですね。天気が心配です。

 栗山ARTノートのブログhttp://kuriyamaartnote.blog48.fc2.com/blog-category-6.html
[PR]

by eitu | 2010-09-26 21:55 | [北広島・長沼・栗山・由仁]
2010年 05月 26日

⇒個展) 北広島市・黒い森美術館 「松原成樹・個展」 5月1日(土)~5月26日(水)

f0142432_9581789.jpg

○ 松原成樹・個展

 会場:黒い森美術館
     北広島市富ヶ丘509-22 
     電話(011)373-8239

 会期:20010年5月1日(土)~5月26日(水)
※ 注意 ⇒ 変則的な開館です
        会期中の月・火・水 & 5・1(土)、5・2(日)のみの開館です


 時間:10:30~15:30 
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(4・20)

 作品は石のような焼き物です。まろやかな表面の中に、「時」を埋め込んでいます。



 場所はDMの地図に基づいたもので、目安として見て下さい。地図の中でクリックすれば縮小図も表示されます。
 国道36号線から竹山高原温泉方面に入り、その温泉を越えた辺りです。
 北広島リハビリセンターの向かいの小路を入った閑散とした場所みたいです。私設ギャラリーでしょう。
[PR]

by eitu | 2010-05-26 09:50 | [北広島・長沼・栗山・由仁]
2009年 10月 04日

⇒公募展) 北広島市芸術文化ホール 「第20回 北広島美術協会展」 9月30日(水)~10月4日(日)

f0142432_953166.jpg

○ 第20回 北広島美術協会展

 会場:北広島市芸術文化ホールギャラリー
     北広島市中央6丁目2番地の1 
     (JR北広島駅東口4番出口、徒歩1分。
      札幌駅から当駅まで快速で16分。)
     電話(011)372-7667

 会期:2009年9月30日(水)~10月4日(日)
 時間:10:00~18:00 
     (最終日は、~17:00まで)

 主催:北広島美術協会
 事務局:宇田川留美子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(9・12)

 当会は来年2月で20周年とのことです。
 記念誌発行、記念公演、祝賀会、市民公募展の計画と慌しく準備に追われているとの事です。一つの区切り展です。


 昨年も載せたのですが、結局は行かずじまいでした。
 今年は場所も覚えました。最近は自転車を多く使っています。白石サインくリング・ロードで行ってみたいものです。
[PR]

by eitu | 2009-10-04 09:48 | [北広島・長沼・栗山・由仁]
2009年 07月 26日

⇒学生展) 北広島 「ホイヤッホイヤー展」 7月22日(水)~7月26日(日)

f0142432_1329990.jpg
○ ホイヤッホイヤー展

 会場:北広島市芸術文化ホールギャラリー
     北広島市中央6丁目2番地の1 
    (JR北広島駅東口4番出口、徒歩1分。
     札幌駅から当駅まで快速で16分。)
      電話(011)372-7667

 会期:2008年7月22日(水)~7月26日(日)
 時間:9:300~22:30
    (初日は、12:00~。最終日は、~20:30まで。)

 【参加学生】
 内山恵利 清武昌 杉田大輔 本庄世奈 松浦進

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(7・22)

 案内状を頂きました。有難うございます。

 DMには明記されていませんが、道都大学2年生・5名による作品展です。道都大学のシルクスクリーンは有名ですが、彼等のジャンルは何でしょう。清武昌君は絵画です。他の学生はわかりません。

 閉館時間が遅いのは助かります。午後10時までです(最終日は8時半まで)。


[PR]

by eitu | 2009-07-26 12:37 | [北広島・長沼・栗山・由仁]
2008年 11月 01日

○ライブ)北広島 「金子竜太郎ソロライブ ー和太鼓と陶(下沢敏也)との出会いー」 11月1日(土)・18:00~

f0142432_1911266.jpg○ 金子竜太郎ソロライブ
   ー和太鼓と陶との出会いー
     (金子竜太郎と陶芸家・下沢敏也との出会い)

 会場:北広島市芸術文化ホールギャラリー
     北広島市中央6丁目2番地の1 
     (JR北広島駅東口4番出口、徒歩1分。ちなみに札幌駅から当駅まで快速で16分です。)
     電話(011)372-7667・月曜休館
 日時:2008年11月1日(土)
 時間:会場・18:00~ 開演・18:30~ 
 料金:全席自由
     前売当日とも 一般・2,000円 高校生以下・1,000円

 主催:北広島市芸術文化ホール運営委員会
f0142432_2135684.jpgーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(10・15)

 下沢敏也さんから案内状を頂ました。ありがとうございます。

 演奏家・陶芸家の紹介は右のパンフレットをクリックすれば大きく見れます。参考にして下さい。


 金子さんのことは全然知らないので省略します。
 下沢さんはご自分の作品を他の作家や演奏家と一緒になって空間を作るのが大好きな方です。相手と「戦う」というのではなくて、互いの良さを引きだすというタイプです。相手との関係で自己表現を広めようとしているのでしょう。
 今回は和太鼓の金子竜太郎さんです。白みがかった土色の焼物、人体にも見える下沢・陶がリズムを踏むのでしょうか?その影の揺れが見えたら拍手を倍にして贈りたいものです。

f0142432_21503.jpg
[PR]

by eitu | 2008-11-01 19:03 | [北広島・長沼・栗山・由仁]
2008年 09月 14日

⇒公募展) 北広島 「第19回 北広島美術協会展」 9月10日(水)~9月14日(日)

f0142432_15351972.jpg○ 第19回 北広島美術協会展

 会場:北広島市芸術文化ホールギャラリー
     北広島市中央6丁目2番地の1 
     (JR北広島駅東口4番出口、徒歩1分。ちなみに札幌駅から当駅まで快速で16分です。)
     電話(011)372-7667
 会期:2008年9月10日(水)~9月14日(日)
 時間:10:00~18:00 (最終日は、~17:00まで)

 主催:北広島美術協会
 事務局:宇田川留美子
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(8・11)
 
 (DM作品は中間弥生・「朝のアムステルダム」。)

 僕の美術鑑賞の夢の一つに、道内の地方公募展を一通り見たいというのがあります。新たな新人の発掘とか、そういうギラギラした動機ではありません。

 人が一つの処に長く住めば伝統が生まれます。ところが知名度も低く、とりたてて話題が伝わらない地域はどうしても関心が低くなり、そこに伝統や人の息吹があるということを忘れてしまったりするのです。
 しかも、現在のように地域の違いが不鮮明と思いがちな時代にとっては、ことさら周辺地域に意識が向かなくなりがちです。それは仕方がないことかもしれませんが、やはり文化の総体を考えた時には自分の身の回り以外を無意識に排除することは怠慢だと思うのです。
 僕は学者でも文化人でもありませんが、現代に生まれた一人として文化や政治やいろんなことを考えたい。そして、今は美術を通していろんなことを考えています。

 僕にとって地方を結ぶきっかけとして、こういう地方公募展を見て歩きたい。その気になれば、簡単に出来る夢です。北広島はそんなに遠いい処ではありません。そこから始めてみよう。期間が五日間と短いのが気になるなー。もうそろそろしっかり予定を組んで行動しないといけないかもしれない。
[PR]

by eitu | 2008-09-14 15:41 | [北広島・長沼・栗山・由仁]
2008年 08月 10日

⇒個展) 北広島 「福岡幸一・銅版画展」 8月5日(火)~8月10日(日)

○ 福岡幸一・銅版画展

 会場:北広島市芸術文化ホールギャラリー
     北広島市中央6丁目2番地の1 
     (JR北広島駅東口4番出口、徒歩1分。ちなみに札幌駅から当駅まで快速で16分です。)
     電話(011)372-7667
 会期:2008年8月5日(火)~8月10日(日)
 時間:10:00~16:30(初日の8月5日は、13:00~です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(7・24)

f0142432_18996.jpg 案内状を頂きました。有難うございます。

 銅版画家の福岡幸一さんの現在のこだわりはアンモナイトです。それも、画家の遊び心を排した、博物誌的表現です。もちろん作家ですから、線や色へのこだわりはありますが、それらは副次的要素です。あくまでも「アンモナイト王国・北海道」と「アンモナイト」の魅力を化石という事実によって再現しようとしている感があります。画家としての自己主張を横において禁欲的な創作活動です。
 それはアンモナイトに魅入られた快男児の、次への飛躍の闘いかもしれません。

 今展はDMを見る限りでは、そういうアンモナイトではなくて、過去の作品の展示のようです。
 僕自身はこの会場に行ったことがないので、場所の確認も兼ねて行ってみたいと思います。それに、福岡さんの過去の作品はそんなに何度も見てはいないので、見て損は無いのです。そうなのです、氏の過去を充分に知っている人も見て損は無いと思われる方は北広島市に行ってみてはどうでしょう。

 妻は歩いて見に行こう!と言い始めた。困った人だ。だがそれも悪くはない。2時間~3時間の行程か?

f0142432_18172238.jpg
[PR]

by eitu | 2008-08-10 18:12 | [北広島・長沼・栗山・由仁]