カテゴリ:●[道外:中部 愛知 他]( 3 )


2013年 12月 15日

⇒G展)「繋留(小林英樹 宮田篤 森晴子 守屋美保 織田真二 他7名)」豊田市/市民G. 12月10日(火)~12月15日(日

f0142432_23115212.jpg
f0142432_2312487.jpg




  
繋留

 小林英樹 宮田篤 森晴子
 守屋美保 織田真二 柳澤学海 寄河克哉
 
        



 会場:豊田市美術館市民ギャラリー 展示室9 
     愛知県豊田市小牧本町8丁目5番地1
      電話 (0565)34-6610

 会期:2013年12月10日(火)~12月15日(日)
 休み:会期中無休 (月曜日が休館)
 時間:10:00~17:30
     (最終日は、~17:00まで。) 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー(11.6)

 守屋美保さんから案内をいただきました。ありがとうございます。


 僕は守屋美保さんの線描に、多大な関心を抱いています。空間表現と過剰な情熱・エネルギーに。何よりも不思議な空間感覚が気になっています。それは未知なる生命体との格闘の証なのでしょう。心の格闘、心の在りよう、心を成り立たせている空間・場の意味・・・。

 大学時代の仲間展とのことです。
 会場の広さはどれくらいでしょう?美術館内の市民ギャラリーですからそれなりの広さだと思います。その空間に、インスタレーション的な作品や壁面作品で7名の同期の桜?が集うのでしょう。学業後のそれぞれの姿を確認し合う、そのことを「繋留」という言葉で集約させています。一端集合、確認、そして離散・・その後は・・・長いような短いような人生です。いろいろな巡り会いの大事な一時でしょう。


 今年の2月に名古屋市内を一泊二日で歩き回った。豊田市、一度は行かねばならいと思っていますが、今回は無理でしょう。
 しかし、こうして案内をいただくとは嬉しい限りです。再度、ありがとうです。今後もよろしくお願いします。
 しかししかし、今度はいつ守屋美保ワールドを見れるのでしょう。
[PR]

by eitu | 2013-12-15 22:57 | ●[道外:中部 愛知 他]
2010年 10月 31日

⇒国際展)愛知芸術文化センター 「あいちトリエンナーレ2010 『都市の祝祭』」 8月21日(土)~10月31日(日)

f0142432_1074785.jpg
f0142432_1075868.jpg


○ あいち トリエンナーレ 2010
     都市の祝祭

    
 会場:(愛知)愛知芸術文化センター 名古屋市美術館 長者町地区 その他
      (会場周辺の都市空間で展開するほか、様々な文化芸術施設と連携)

 会期:2010年8月21日(土)~10月31日(日)
       (72日間)

 料金:?



 主催:あいちトリエンナーレ実行委員会

 芸術監督:建畠哲(国立国際美術館館長)

 問い合わせ:当展実行委員会事務局
         愛知県生活部文化芸術課(国際芸術祭推進内)
          電話(052)971-6111

 【参加予定作家】
 現代美術・草間弥生 渡辺英司 西野進 島袋道浩 ヤン・フードン 蔡國強 他
 舞台公演・ヤン・ファーブル ローザス 他
 オペラ・指揮者 アッシャー・フィッシャー 他
      (パンフを拡大して確認してください。)

ーーーーーーーーーーーーーーーー(4・8)

 今年から名古屋で始まる国際トリエンナーレ展です。
 記念すべき第1回目のテーマは「都市の祝祭」。

 今展の特徴を「現代美術を中心に、ダンス、演劇、音楽等」のジャンルを超えた見せ場にすることです。
 愛知・名古屋という都市の特徴を生かすのでしょう。その都市の特徴や如何にはパンフでは紹介していません。行って、見てのお楽しみです。

 新しいパンフなり資料が手に入れば追加したいと思います。
[PR]

by eitu | 2010-10-31 09:54 | ●[道外:中部 愛知 他]
2009年 05月 06日

⇒公募展) (愛知)愛知県美術館ギャラリー 「第68回 水彩連盟展」 4月28日(火)~5月6日(水)

f0142432_1556454.jpg
○ 第68回 水彩連盟展
    
 会場:(愛知)愛知県美術館ギャラリー
    電話
 会期:2009年4月28日(火)~5月6日(水)
 休み:
 時間:10:00~18:00
    (5月1日は、~20:00まで。最終日は、~17:00まで。)

 主催:水彩連盟
 共催:中日新聞社

ーーーーーーーーーーーーーーーー(4・23)

 案内状を頂ました。ありがとうございます。

 水彩連盟には見慣れた作家さんも何人か居られます。そういう道内の方も出品した全国展も見てみたいものです。なかなか道外の展覧会は見れないものですね。
 それにしても「第68回」とは凄い!戦前からの公募団体です。その沿革史にも興味がわきます。
[PR]

by eitu | 2009-05-06 15:44 | ●[道外:中部 愛知 他]