栄通の案内版

eitu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:☆釧路・芸術館( 5 )


2010年 11月 23日

⇒特別展) 釧路芸術館 「レオナルド・ダ・ヴィンチ  もう一つの遺産」 9月14日(火)~11月23日(火)

f0142432_2046728.jpg
○ レオナルド・ダ・ヴィンチ

    もう一つの遺産


 会場:北海道立釧路芸術館
   (指定管理者:NTT北海道グループ共同事業体)
    釧路市幸町4-1-5
    電話(0154)23-2381

 会期:2010年9月14日(火)~11月23日(火)
 時間:9:30~17:00
 休み:基本的に月曜日(定休日)
 料金:当日・一般 800円 高大生 400円 小中生 200円

f0142432_20573432.jpg 【関連事業】
 (パンフを拡大して確認してください。)
    
 主催:当館 釧路新聞社

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(9.9)

 ユニークで裏技的な展覧会です。

 ルネッサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチに焦点を当てているのですが、直筆絵画の展示はありません。彼の残した手塙や素描の復刻版を利用し、更にそれらに基づいて各種のダヴィンチ考案の機械の模型を展示するものです。
 その展示品によって、天才ダヴィンチの想像力に迫り追体験しようというのです。
 なかなか面白い企画と思います。立ち寄りたいのですが、釧路は遠いですね。
[PR]

by eitu | 2010-11-23 20:41 | ☆釧路・芸術館
2010年 10月 24日

⇒企画個展) 釧路芸術館 「池田緑・展  Silent Breathー沈黙の呼吸」 9月14日(火)~10月24日(日)

f0142432_12564749.jpg
○ 池田緑・展

   Silent Breath沈黙の呼吸



 会場:北海道立釧路芸術館
       フリーアートルーム
   (指定管理者:NTT北海道グループ共同事業体)
    釧路市幸町4-1-5
    電話(0154)23-2381

 会期:2010年9月14日(火)~10月24日(日)
 時間:9:30~17:00
 休み:基本的に月曜日が定休日。祝日の場合は翌日。
 料金:無料
    
 【関連事業
 (詳細はパンフを拡大して確認してください。)

 ○ アーテイスト・トーク ⇒ 講師・池田緑
                    9月14日(火) 14:00~15:00

 ○ワークショップ ⇒ 講師・池田緑
               10月2日、3日(日) 14:00~16:00
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー(9.9)

 案内状を頂きました。ありがとうございます。

 「マスク」で有名な池田緑さんの美術館での個展です。
 マスク・プロジェクトを中心に最新作まで、版画・映像・インスタレーションなどでその造形世界を展開します。


  1943年 朝鮮で生まれる
  1945年 終戦で日本に引き揚げる
      小学校6年から中学・高校大学を釧路で過ごす
  1966年 北海道学芸大学釧路分校(現・教育大学)卒業
      卒業後、国語・美術教師として帯広に赴任
  1993年 教師を辞し、制作に専念


 池田緑さんは釧路での長い生活体験があるのですね。その縁での美術館企画でしょう。

 会場は無料のフリーアートスペースです。なかなか札幌からでは遠いのですが、近くに行かれる方は立ち寄って下さい。
[PR]

by eitu | 2010-10-24 12:39 | ☆釧路・芸術館
2010年 09月 05日

⇒企画展) 釧路芸術館 「メキシコの美術と民衆の世界」 7月6日(火)~9月5日(日)

f0142432_16272474.jpg
○ メキシコの美術と民衆の世界

 会場:北海道立釧路芸術館
   (指定管理者:NTT北海道グループ共同事業体)
    釧路市幸町4-1-5
    電話(0154)23-2381

 会期:2010年7月6日(火)~9月5日(日)
 時間:9:30~17:00
     (会期中の毎週金曜は、~20:00まで。)
 休み:基本的に月曜日(定休日)
 料金:当日・一般 600円 高大生 300円 小中生 100円
    
f0142432_16274897.jpg 主催:当館 北海道新聞釧路支社

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(7・18)

 黄色がド派手な、元気一杯なチラシです。

 メキシコ壁画運動を代表するリベラ、オロスコ、シケイロス。野外美術指導にあたった日本人画家・北川民治、メキシコ美術に魅せられた藤田嗣治や岡本太郎などの日本作家を含めたエネルギッシュな展覧会でしょう。
 また、絵本、仮面や衣装などの工芸品も展示され、メキシコ大衆の姿も楽しめるでしょう。
[PR]

by eitu | 2010-09-05 16:11 | ☆釧路・芸術館
2009年 03月 29日

⇒常設展)釧路芸術館 「コレクション・ギャラリー ~10周年の精華を一堂に」 1月27日(火)~3月29日(日)

f0142432_102489.jpg○ コレクション・ギャラリー 
   -10周年の精華を一堂に

 会場:北海道立釧路芸術館
   (指定管理者:NTT北海道グループ共同事業体)
    釧路市幸町4-1-5
    電話(0154)23-2381
 会期:2009年1月27日(火)~3月29日(日)
 時間:9:30~17:00
 休み:月曜日(定休日)
 料金:当日・一般 450円 高大生 200円 他 無料
    (高校生は土日観覧無料)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(2・5)

f0142432_1035381.jpg 当館は1998年10月に開館しました。その10周年を記念しての常設展です。
 当館の収集方針は「地域」「映像芸術」「自然」です。
 現在、計88作品約500点の収蔵。その中からメイン作品約40点の展覧です。

 僕はここの収蔵品の千住博・「ウォーターホール」(1998年)を見る為に旭川に行ったことがあります。200号はあろうかという大作でした。白い色の滝は上から落ちているのですが、天に向かって立ち上がっているような錯覚を覚えました。札幌にも来ればと思います。

 表紙の、小林孝亘・「Tree」(2002-3)、見ていると心が伸びやかに開かれていく感です。素直な気分にもなります。これも札幌で見たいですね。


f0142432_10123185.jpg
[PR]

by eitu | 2009-03-29 09:45 | ☆釧路・芸術館
2008年 06月 11日

⇒企画展)釧路芸術館「市民が愛したヨーロッパ絵画 ~バロックから近代へ」 4月12日(土)~6月11日(水)

f0142432_2145484.jpg○ 市民が愛したヨーロッパ絵画 (長坂コレクションより)
    ~バロックから近代へ~

 会場:北海道立釧路芸術館(指定管理者が管理・運営)
    釧路市幸町4-1-5
    電話(0154)23-2381
 会期:2008年4月12日(土)~6月11日(水)
 時間:9:30~17:00 (入館は16:30まで)
 休み:基本的に月曜日
 料金:当日・一般 800円、高大生 400円、小中生 200円
 主催:当館  北海道新聞社
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 なかなか釧路には行けません。せめて、今何をしているかぐらいは知りたくなります。

 個人コレクター・長坂剛氏のコレクションより58点の展示。
 17世紀から20世紀はじめにかけての300年間が対象。バラック時代の宗教絵画、オランダを中心に展開した世俗画や風景画、近代の肖像画などの展示。

 「たかだか58点程度でのヨーロッパ300年とは!」という意見もあるでしょう。一方で、強く印象に残る絵画が一点でもあれば、その作品から全体を見詰めなおすきっかけにもなります。全ては自分の目で見て、自分好みの作品の発見に尽きるのでしょう。
 下の写真に載った作品作家は一人も僕は知りません。自分の知識の無さを自覚すると同時に、頼もしい展覧会だと思う。

f0142432_228430.jpg

[PR]

by eitu | 2008-06-11 21:27 | ☆釧路・芸術館