栄通の案内版

eitu.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2007年 08月 31日

⇒展覧会) 門馬 「森 美千代・写真展」 8・25~8・31(金)

f0142432_22341583.jpg○ 森 美千代・写真展
   -DILEMMA- エキウムECHIUM

会場:中央区旭ヶ丘2丁目3-38
     門馬 ANNEX・バス停旭ヶ丘高校前近く 
     電話(562)1055
 会期:2007年8月25日(土)~8月31日(金)
 時間:11:00~19:00

「・・テースティングする中で、ポジとネガをリバースしプリントアウトして出来上がったプリントが、異次元の世界のものとなり私の目の前に出現した。・・・」(案内文より)

写真をいろいろと加工するのを得意とする作家です。植物や昆虫のモチーフがどんな姿で現れるか楽しみにしています。
[PR]

by eitu | 2007-08-31 22:03 | 門馬・ANNEX
2007年 08月 31日

公募) オリジナル大賞展

○ 第10回 オリジナル大賞展

    「明日の新進作家を発掘し、作家活動の支援を目的に開催いたします。

[募集要項]
 
■ 主催:オリジナル大賞実行委員会
■ 応募資格:不問
■ 作品テーマ:自由
■ 作品規格:洋画・日本画・版画 その外平面作品
         サイズは20号以下、仮額装付(ガラスは不可、アクリルは可
■ 応募点数:2点以内
■ 出品料:2000円
■ 賞:○大賞(1点)・金3万円、賞状、楯、当画廊にて個展開催のご招待
     ○奨励賞(10点以内)・賞状、楯、当画廊にて個展開催のご招待
     ○入選(20点以内)・記念品、当画廊にて個展開催のご招待
■ 申込期間:2007年7月2日(月)~8月31日(金)
■ 搬入期間:2007年9月3日(月)~9月8日(土)
■ 発表:2007年9月20日(木)
■ 展示:入賞、入選作品展は当画廊にて、10月22日以降に予定。

□ 問い合わせ・搬入先
    オリジナル画廊内「大賞実行委員会」係
     札幌市中央区南2条西26丁目3-10
     電話(011)611-4890、FAX(011)611-4891

※搬出方法や送金など、詳細は画廊に確認がてら問い合わせてください。


 なんと言ってもこの公募の魅力は、入選すれば個展が無料で開催できることです。中心市街からは遠いのですが地下鉄からは利用しやすいです。決して利用頻度は高くはありませんが、折角の企業協賛の企画です。大いに参加して、来年の続々と続く個展開催で円山地区を盛り上げていきましょう。
 



 
[PR]

by eitu | 2007-08-31 12:20 | オリジナル画廊
2007年 08月 26日

⇒企画展) 江別セラミック 「吉田初三郎絵地図・・展」 8・11~8・26(日)

f0142432_2343269.jpg○ 吉田初三郎の絵地図 まち・乗り物・たてもの展
-鳥になって風景と歴史を眺めようー

会場:江別セラミックアートセンター
江別市西野幌114番地5
電話(011)385-1004
会期:2007年8月11日~8月26日(日)
時間:9:30~17:00
料金:高校生以上 300円

DMを見つけたら紹介したくなりました。絵地図、いいですね、好きですね。いろいろと夢が膨らむではありませんか、自分の知識がフル回転して目が開くではないですか。
[PR]

by eitu | 2007-08-26 23:41 | ☆江別セラミックアートセンター
2007年 08月 22日

⇒文学) 道立文学館 「太宰治の青春」 6・30~8・22(水) 

f0142432_16271674.jpg○ 「太宰治の青春」
     津島修司であったころー

 会場:北海道立文学館 特別展示室
     中央区中島公園1-4 地下鉄中島公園下車、公園入り口から進んで分かれ道を左に行けば立派な建物があります。
     電話(511)7655
 会期:2007年6月30日~8月22日(水)
 休館:基本的に月曜日
 時間:9:30~17:00
 料金:一般 600円、高大性 350円。

 太宰治、1909年6月19日~1948年。幾度も女性と安易な自殺を図る。女性が亡くなることはあっても彼は生き残る。おそらく生き残る可能性を残していたのだろう。確か最後は手を縛ってだと思った、1948年に玉川上水にて入水自殺、誕生日の6月19日に発見される。享年、38歳。


 パンフレット裏面冒頭に
 「かれは人を喜ばせるのが、何より好きだった!」([正義と微笑」より)

 と、ある。「津軽」だったか、東北人が訪問客への対応を描写した場面で、冒頭の言葉のような振る舞いをしていた。「あー、人を迎えるのに無我夢中な人が居るのだな。時過ぎれば、自己嫌悪的な自分に戻るのだな」と、感動して読んだのを思い出す。太宰のピエロ的な姿勢・表現と繊細な知性・感性は有名だ。今展も太宰誕生から本名「津島修治」であった頃の青年期にスポットを当てて、優しさの原点を探るとある。

 現在の僕自身の太宰への関心は人間臭さよりも、「文学的虚構性」に関心がある。「止むに止まれぬ優しさの表現」というよりも、「文学的嘘の中に敢て人間臭さを挿入」して、何を太宰は表現したかったかということ。宮澤賢二、寺山修司、石川啄木、坂口安吾などに共通した東北人気質と日本近代化の中で果たした彼らの役割に関心がある。アンチ近代(東京)=コンプレックスと人間臭さに共通の精神を感じる。

 知人から招待券を頂いた。文学館は性に合わないところあるが、行けば行ったで楽しんでいる。久しぶりに「文学」館に行ってみよう。見直す発見があるかもしれない。
[PR]

by eitu | 2007-08-22 15:48 | ☆道立文学館
2007年 08月 19日

⇒個展) 資料館 「斉藤由美子水彩画作品展」 8・14~8・19(日)

f0142432_234368.jpg○ 第6回 斉藤由美子水彩画作品展

会場:札幌市資料館2Fミニギャラリー1・2室
    大通西13 (旧札幌控訴院)
    電話(011)251-0731
 会期:2007年8月14日~8月19日(日)
 時間:9:00~19:00(最終日は18:00まで)

主に密集した植物を描く人です。あっさりと、爽やかに美しく。
上手だと思います。彼女の課題は更なる飛躍はどうしたらいいのかということでしょう。背景の茶色に注目して下さい。土色ですがなかなか上手く表現できていません。植物と違って輪郭が不鮮明なので上手く描けていません。そして、作家は土を上手く表現したいともがいていると思います。この辺をクリアーした時、ステップ・アップした絵が誕生するのでしょう。
[PR]

by eitu | 2007-08-19 22:49 | 資料館
2007年 08月 19日

⇒学校展)市民ギャラリー 「道都大学 中島ゼミ展」 8・14-8・19

f0142432_2035590.jpg○ 第44回 道都大学 中島ゼミ展
     「版と型をめぐって」

 会場:札幌市民ギャラリー 第4展示室
     南2東6
     電話(011)271-5471
 会期:2007年8月14日(火)~8月19日(日)
 時間:10:00~18:00(初日は13:00から)

 版画のシルクスクリーンで有名な中島ゼミの展覧会です。一つの大学ゼミの作品展ですが、見応えがあります。学生達にとってはこのゼミ展は肥やしの場だと思います。この展覧会は相応の評価を得ていると思いますが、更に質的レベルを高めて欲しいです。

 石井誠君から案内を頂きました。彼はほとんど会場にいるそうです。実に熱心です。イガグリ顔といったら失礼ですが、朴訥で実直な青年です。わからないことがあったら、彼に質問して場を盛り上げて下さい。僕もいつかわかりませんが、行こうと思っています。
[PR]

by eitu | 2007-08-19 19:54 | 市民ギャラリー
2007年 08月 19日

⇒個展) 大丸藤井セントラル 「大島潤也展」・立体 8・14~8・19(日)

f0142432_191221.jpg○ 大島潤也展

 会場:大丸藤井セントラル 7Fスカイホール
    電話(011)231-1131
 会期:200年8月14日~8月19日(日)
 時間:10::00~19:00(最終日は18:00まで)

 確か、1年おきに同じ場所で個展を開いています。
 軽い八ッポースチロールを加工して重たくみえる物を作っています。そんなに重く見ることも無いと思います。どうということは無いのですが、毎回興味深く見ています。前回は部屋の隅に座って、作家といろいろ語り合いました。何を喋ったかは忘れました。そのことを思い出す為にも行ってこようと思います。
[PR]

by eitu | 2007-08-19 19:01 | 大丸藤井セントラル  
2007年 08月 18日

音楽会)札幌エルプラザ 「パギやん(趙博)・トーク&ライブ」 8月21日(火)

○パギやん(趙博)・トーク&ライブ
   ー唄う浪花の巨人

第一部 「唄で綴る戦前・戦後
      ~銃後から戦後へ/戦後から銃後へ・・・また行きますか?」

第二部 パギやんの歌うキネマ「砂の器」
      ピアノ:ハルマ・ゲン

f0142432_2233360.jpg 会場:札幌エルプラザ・3Fホール
     北8西3・札幌駅直結
 日時:2007年8月21日(火)
料金:一般2000円中・高校生1000円(前売り、当日とも)
 開場18:00開演18:30
 連絡先:ギャラリー茶門(タムン)
      電話(011)711-1910

※パギやん/趙博(チョウ・パク)とは
 1956年大阪市西成区生まれ
 ブルース・ジャズ・ロック・フォークは勿論のこと朝鮮・韓国の古典民謡やニホンの浪曲、上方古典落語もこなす。近著「僕は在日関西人」。

※「歌うキネマ」とは
 故マルセ太郎の至芸「スクリーンのない映画館」に触発され、惚れ込み、教えられ、そして私淑した趙博が、渾身の情熱で映画を一本、丸ごと歌い語るーコトバ・ウタ・ミブリの曼荼羅を咲かせます。

※「砂の器」とは
 松本清張の傑作推理小説を野村芳太郎監督が映画化した1974年の作品です。映画で流れた交響曲「宿命」のピアノ演奏とともにラストシーンに至る鬼気迫る再現は、唄うキネマの真髄です。

 何か迫力ありそうです。趙博のことは全然知りません。知人の案内です。なるべく声がかかったら、断る理由が無ければ応えるようにしています。2000円、手ごろな値段です。「在日関西人」の唄、叫びを聴きに行こう。
[PR]

by eitu | 2007-08-18 21:08 | ○音楽会
2007年 08月 13日

⇒展覧会)プラハ2+ディープサッポロ 「アウトレンジ キタ 2007」 8・11-8・13

f0142432_2049269.jpg
f0142432_2050274.jpg
○ アウトレンジ キタ 2007

 滞在期間:2007年7月30日~
 会場:プラハ2+ディープサッポロ 9J
 中央区南11西13・東南角地の2階建て民家
 会期:2007年8月11日~8月13日
 時間:11:00~19:00
 企画:O JUN + PRAHA Prject

 会場は12畳ほどの長方形です。DMにある6名の作家達が集団で何かを制作するのでしょうか?はっきりしたことはわかりません。参加者で笠見君の名前が見えるので、二十代の青年達の集団でしょうか?ここは新しく始まったところです。自分好みかどうか確認したいです。それにしても、横文字だらけです。カタカナ紹介ですが怒らないで下さい。
[PR]

by eitu | 2007-08-13 20:28 |  (プラハ2+ディープサッポロ)
2007年 08月 12日

⇒グループ展)さいとう 「国画会版画部北海道出品者展」 8・7-8・12

f0142432_19573210.jpg
f0142432_19581795.jpg


○ 国画会版画部北海道出品者展

 会場:さいとうギャラリー
     南1西3 ラ・ガレリア5F室
     電話(011)222-3698
 会期:2007年年8月7日(火)~8月12日(日)
 時間:10:30~18:30(最終日は17:00)

 出品者は18名。最近テンポラリー、afと版画に親しむことができました。思いを新たにして見に行こうと思います。石井誠君も参加しているのですね。先輩方の中で作品がどんなふうに見れるか確認してきましょう。
[PR]

by eitu | 2007-08-12 19:53 | さいとう