<   2008年 08月 ( 53 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 31日

⇒個展) ブックカフェ・開化 「栗田健・展」 8月4日(月)~8月31日(日)

f0142432_1644025.jpg○ 栗田健・展

 会場:ブックカフェ 開化・Kissa Kaika
    札幌市豊平区平岸3条9丁目10-1・第一恵信ビル2F
    (平岸街道と環状通りの交差点のすぐそば。豊平整形外科トナリ。)
    電話(011)842-0770
 期間:2008年8月4日(月)~8月31日(日)
 休み:水曜日
 時間:日・月・火・木→12:00~20:00
     金・土    →12:00~22:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーー(8・13)

 案内状を頂きました。有難うございます。

 
 案内は親しい人や、かつての個展来場者だけへの私信のような葉書です。

 この春にアリアンス・フランセーズで栗田さんは個展をされました。嬉しいことに栄通記の記事に関してコメントを頂きました。誤解を生むような僕の文章に関してのコメントです。本編で、そん辺を報告しないといけなかったのですが、時期を逸してしまいました。すいませんでした。個展かグループ展で栗田さんが発表される機会を待っていましたので、チャンス到来です。

 ここはどんな所か全然分かりません。自宅から遠い場所ではないので、足を運ぼうと思います。作品紹介はどうなるかは分かりませんが、場所の報告を兼ねて、栄通記・栗田健個展の続編のようなことを書きたいと思います。


 参考サイト⇒※) af 「栗田健 絵画・版画展 『room』」 3月25日(火)~4月5日(土)

 ~~~~~~~~~~~~~~~

f0142432_20562412.jpg この10月から営業時間と定休日が変わりました。
[PR]

by eitu | 2008-08-31 15:46 | (ブックカフェ)開化
2008年 08月 31日

⇒グループ展) セントラル 「第34回 女流書作家集団・展」 8月26日(火)~8月31日(日)

f0142432_1664980.jpg○ 第34回 女流書作家集団・展

 会場:大丸藤井セントラル 7Fスカイホール
    中央区南1条西3丁目
     (東西に走る道路の南側)
    電話(011)231-1131
 会期:2008年8月26日(火)~8月31日(日)
 時間:10::00~18:00(最終日は、~17:00まで)

 主催:女流書作家集団
 後援:北海道新聞社 毎日新聞北海道支社
ーーーーーーーーーーーーーーーー(8・21)

 参加書家は写真を拡大して確認して下さい。およそ70名弱の女流書家達です。かな、漢字、自由書、臨書、前衛書といろいろです。

 書は師匠と結ばれた縦社会的構造を書団体内部に引きずっています。良い面、悪い面と合い携えています。それは男中心の社会の縮図でもあるでしょう。
 一応、この団体は男性書家の指導を得てはいないでしょう。と、外からは想像されます。果たして男性中心の書道界でどれだけ『男の権威』から自立的に運営されているのでしょう?女性同士の親睦が大きな目的で、それ以上の活動があるのかないのか?・・・展覧会から離れた浮世の人間関係の「書」を、ふと思ってしまいました。




 
[PR]

by eitu | 2008-08-31 15:46 | 大丸藤井セントラル  
2008年 08月 31日

⇒個展) 門馬 「下沢敏也・陶展 ー風化から森へー」 22日(金)~8月31日(日)

f0142432_13324122.jpg○ 下沢敏也・陶展
   ー風化から森へー

 会場:ANNEX & ギャラリー・門馬 (同時開催) 
     中央区旭ヶ丘2丁目3-38
     (バス停旭ヶ丘高校前近く) 
     電話(011)562ー1055
 日程:2008年8月22日(金)~8月31日(日)
 休み:無休
 時間:10:00~18:00
    (最終日は、~17:00まで)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(8・13)

 案内状を頂きました。有難うございます。


 今年の下沢さんは非常に精力的です。石狩での2人展は見ていないのですが、立体展・ギャラリー創グループ展・コンチネンタル企画展などと続いての今回の個展です。しかも細い通路風ギャラリーと邸宅と、門馬さんちが下沢さんちに様変わりする10日間です。

 総合タイトルと云うものは作家の現在の心境を暗示するものです。
 「風化から森へ」、それは「死から生へ」、「混沌から秩序へ」、「形なきものからあるものへ」という眼差しではないでしょうか。
 今後、一皮も二皮もむけて貰わなければならない方です。「陶」に自信というか、確信のようなものを抱き始めた時期ではないでしょうか、最近の下沢さんは。
[PR]

by eitu | 2008-08-31 13:15 | 門馬・ANNEX
2008年 08月 31日

⇒個展) カフェ・北都館 「第2回 石川棟密・展」 8月25日(月)~8月31日(日)

f0142432_919185.jpg○ 第2回 石川棟密・展

 会場:カフェ&ケーキ&ギャラリー・北都館
   西区琴似1条3丁目1-14
   (地下鉄琴似駅5番出口。第一病院向い)
    電話(011)643-5051  
 会期:2008年8月25日(月)~8月31日(日)
 休み:年中無休
 時間:9:00~22:00(最終日は~17:00まで)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー(8・24)

 案内状を頂きました。有難うございます。
 (DM作品は「オーム貝の旅」・F8。)

 油彩・アクリル・水彩・ペン画により描かれたなじみの風景など、バラエティーな絵を大小おりまぜ25点程展示します。・・・。  (DMより)


 「石川棟密」とはペン・ネームかもしれません。案内文には「松浦」とあります。どの松浦さんか想像してみて下さい。
[PR]

by eitu | 2008-08-31 08:46 | (カフェ)北都館
2008年 08月 31日

○ライブ) 門馬 「及川恒平コンサート 夏に過ごした場所」 8月31日(日) 15:00~

f0142432_9355195.jpg○ 及川恒平コンサート
    夏に過ごした場所~RESONG Vol.9

 会場:ギャラリー・門馬 
     中央区旭ヶ丘2丁目3-38
     (バス停旭ヶ丘高校前近く) 
     電話(011)562ー1055
 日程:2008年8月31日(日)
 時間:15:00~
 料金:前売・3000円 当日・3500円 
 申込:写真を大きくして、メール先を確認して下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーー(8・8)

 案内状を頂ました。ありがとうございます。

 「夏、ぼくたちはここで過ごした。残さなくても良かったのかも知れない歌を録り、無口になった。外の音で、時々我に返った。暦に、うっすらと記された印」 (DMから) 


 及川さんはこの夏に、門馬邸をスタジオにしてレコーディングをされました。そういう意味で「門馬・・そこで夏を過ごした」のです。僕だけでなく「僕達」、収録に関わった人達のことを語っているのでしょう。

 どこかノスタルジックな響きがあります。
 歌声も一度聴いたことがあります。体が軽く音と一つになり、淡々と歌い上げていきます。何かしら別の世界に誘われます。通いなれた小路を歩き角を曲がると、ポッカリとそこには次元を別にした世界の入り口があり虚構の世界が広がっている、そんな歌声でした。美しい、どこかに氷の輝きのような冷たさも感じました。野原の藪の中で少年が一心に虫を捕まえては、その美しさに魅入っているような。

 「リ・ソング」、それは一つの宣言かもしれません。「re」は繰り返し、新たに始まる。
 「僕は繰り返し歌うだけだ。新たなる思いを重ねながら。聞く人にそれは伝わるのだろうか?僕はただただ歌い続けるだけだ」
[PR]

by eitu | 2008-08-31 08:44 | 門馬・ANNEX
2008年 08月 31日

⇒個展) コンチネンタル 「奥山三彩・彫刻展」 8月26日(火)~8月31日(日)

f0142432_8372141.jpg○ 奥山三彩・彫刻展

 会場:コンチネンタル・ギャラリー・B室
    南1西11 コンチネンタルビルB1F
    (西11丁目通りに面した東向き)
    電話(011)221-0488
 会期:2008年8月26日(火)~8月31日(日)
 時間:10:00~18:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(8・9)

 多摩美術大学彫刻学科石刻コース卒業。
 現在、白老町飛生アートコミュニティーを拠点に活動中。

 奥山三彩(みさえ)さんの木の彫刻作品は多人数でのグループ展で時々見かけます。比較的作家ご本人が会場に居られる事が多くて、面識もあります。若い女性です。見た作品も小品ですし数少ないので、あれこれとお喋りはふくらみそうもありません。

 DM写真は活動拠点の飛生アートコミュニティーでしょう。旧体育館での奥山さんの作業着の後姿?長い二本の足の影。
 まずは、まとまった作品を見れることを楽しみにしています。

 (追記:経歴に誤記がありました。失礼しました。8・30)
[PR]

by eitu | 2008-08-31 08:24 | コンチネンタル
2008年 08月 30日

⇒グループ展) たぴお 「BOOK’S ART 展 5」  8月18日(月)~8月30日(土)

f0142432_20565344.jpg○ BOOK’S ART 展 5

 会場:ギャラリーたぴお
    中央区北2西2・道特会館1F
    (中通り・東向き)
    電話(011)251-6584
 会期:2008年8月18日(月)~8月30日(土)
 休み:24日(日)
 時間:11:00~19:00

 【参加作家】
 中森秀一 林教司 藤井啓 藤川弘毅 益村信子 のっち 参考コーナー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(8・22)

 すでに始まっています。そして、今日見てきました。面白い。なるべく早く本編で紹介しますので、文章は割愛します。

f0142432_20582765.jpg →:会場風景を一枚載せます。
[PR]

by eitu | 2008-08-30 20:48 | たぴお
2008年 08月 30日

⇒企画・個展) 円山・CAI 「黄宇哲・展」 8月20日(水)~8月30日(土)

f0142432_20272236.jpg○ 黄宇哲・展

 会場:CAI現代研究所
     中央区北1条西28丁目2-5
     (1条通りを走り第一鳥居を抜け、次の広い環状線を横断。直ぐの左側の中小路に入り、50mほど先の右側、コンクリートの一階建て。)
     電話(011)643-2404 (13時以降)
 会期:2008年8月20日(水)~8月30日(土)
 休み:定休日が日曜日
 時間:13:00~19:00 

 主催:CAI現代研究所
 協力:コンチネンタルギャラリー(樽野真生子、閔 鎭京)

※ オープニング・パーティー:8月20日(水) 18:20~
    (作家本人が来場しますので、お気軽にお越し下さい。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(8・14)

 案内状を頂きました。有難うございます。

 
 DM作品はモノトーンに見えるかもしれませんが、ピンクや黄がかすかに見えます。良く見るとタバコをくわえた人の顔に見えます。

 黄宇哲、手持ちの図録で調べてみると水脈の肖像展に参加しています。
 図録から作品を載せます。

 
 1963年 韓国・全羅南道 麗水生まれ。
 1987年 ソウル大学校美術大学絵画科 卒業。
 1989年 ニュー・ヨーク大学校美術大学院 修学。
 1991年 PLATT大学校美術大学院 卒業。
       (Master of Arts学位)

f0142432_20384898.jpg →:図録、「水脈の肖像2002- 日本と韓国、二つの今日」展より。
     「武陵桃源図」・2002年 油彩 240×270cm。
 








f0142432_2050278.jpg →:図録、「水脈の肖像06- 日本・韓国・ドイツの今日」展より。
     「what love is」・1997年 油彩 486×200cm。



 
[PR]

by eitu | 2008-08-30 19:25 | CAI(円山)
2008年 08月 30日

⇒個展) af 「上嶋秀俊・絵画展 ~Sleep、Swim、See」 8月19日(火)~8月30日(土)

f0142432_18192145.jpg○ 上嶋秀俊・絵画展
    Sleep、Swim、See

 会場:札幌アリアンス・フランセーズ
    中央区南2条西5丁目・ビル2F
    (狸小路5丁目と6丁目の間を北に曲がってすぐ、入り口は西向き)
    電話(011)261-2771  
 会期:2008年8月19日(火)~8月30日(土)
 休み:定休日が日曜日・祝日
 時間:10:00~19:00 (土曜日は、~18:00まで)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(8・9)

 案内状を頂きました。有難うございます。

  
 ちょっと上嶋さんのことは思い出せません。すいません。マメにアリアンス・フランセーズのことを記事にしているので、その関係の案内だと思います。ありがたいことです。
 
 DM作品とタイトルから勝手な憶測ですが、「甘く夢見る幻想の世界」でしょうか?

 およそ10日間の会期、見に行きたいと思います。


 
[PR]

by eitu | 2008-08-30 17:55 | af
2008年 08月 30日

⇒個展) 時計台 「永野曜一・個展」 8月25日(月)~8月30日(土)

f0142432_9545525.jpg○ 永野曜一・個展

 会場:札幌時計台ギャラリー ・A室
    中央区北1西3 札幌時計台文化会館
    (中通り南向き)
    電話(011)241-1831
 会期:2008年8月25日(月)~8月30日(土)
 時間:10:00~18:00 (最終日は~17:00まで)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(8・6)

 案内状を頂きました。有難うございます。


 永野(自由美術協会会員)さんは今春にユリイカで個展をされたばかりです。その時が実質的な初個展と伺った記憶があります。そして、半年ほどでの今回の個展です。気持ちの中で溜まっていたものが溢れているのでしょう。吐き出すというのか、湧いて湧いて仕方がないのかもしれません。

 広いA室です。楽しみにしています。

 今春のユリイカでの個展(1・8~1・12)⇒こちら
[PR]

by eitu | 2008-08-30 09:51 | 時計台