栄通の案内版

eitu.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 63 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 30日

⇒個展) 深川・文進堂 「松島正幸・名作展」・コレクション展 7月1日(水)~9月30日(水)

f0142432_17581353.jpg

○ 松島正幸・名作展

 会場:文進堂画廊
     深川市新光町1-2-12・赤川文進堂2階
     電話(0164)22-2312

 会期:2009年7月1日(水)~9月30日(水)
 時間:10:00~17:00
 休み:日曜・祝祭日(定休日)

ーーーーーーーーーーーーー(6・19)

 文進堂画廊とは赤川文進堂という会社のコレクショウ・ギャラリーです。
 赤川文進堂とは深川方面の学校などに教科書などを卸している会社です。
 社長の赤川さんが長きに渡って収集した美術作品を一般に公開している場所が文進堂画廊です。

 施設は会社の2階にあります。ちゃんと画廊用の出入口があり、無断で大きな顔をして2階に行き観覧する事ができます。1階には図録などの書棚があります。途中途中には彫刻を含めて多くの作品が飾られています。
 会場はかなり広い四角四面の空間です。四隅に丸テーブルが在り、資料等が雑然と積読されています。
 もし社長の赤川さんが居られたら、いろいろ質問したらいいと思います。収集にはかなりの資財を投入している方ですが、嫌味のない応対をしてくれます。かなりの年配で、好好お爺さんといった雰囲気です。

 僕は二度ほど行った事があります。深川の東洲館に立ち寄るほどの美術愛好家でしたらお奨めのスポットです。深川駅の裏側辺りになります。

 今回は深川出身の松島正幸のコレクション展です。生誕99年です。
 しぶい展覧会です。数ある松島作品の中から、どういうのを収集したのか見たいものです。
 


[PR]

by eitu | 2009-09-30 13:30 | [深川・旭川]
2009年 09月 28日

⇒企画展) 茶廊法邑 「『茶廊法邑(さろう ほうむら)』 開廊5周年展」 9月16日(水)~9月128日(月)

f0142432_19402410.jpg

○ 『茶廊法邑(さろう ほうむら)』 
     開廊5周年展


 場所:茶廊法邑
    東区本町1条1丁目8-27
    電話(011)785-3607

 期間:2009年9月16日(水)~9月128日(月)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:10:00~18:00

ーーーーーーーーーーーーーーーー(9・14)

 当館が開設して5年にもなるのですね。早いものです。

 展覧会の中味はこのDMでは一切わかりません。それはそれとして、何があるのかを楽しみにしましょう。
[PR]

by eitu | 2009-09-28 19:32 | (茶廊)法邑
2009年 09月 28日

⇒個展) 創 「国松希根太・展 『HORIZON』」 9月5日(土)~9月28日(月)

f0142432_8273185.jpg








○ 国松希根太・展
    「HORIZON」

    
 会場:ギャラリー創(ソウ)
    中央区南9条西6丁目1-36・U-STAGE1F
    (地下鉄中島公園駅から西に徒歩5分。
     南9条通り沿いの南側。)
    ※駐車場は2台分完備
    電話(011)562ー7762

 会期:2009年9月5日(土)~9月28日(月)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:10:00~18:00

 主催:当館

※ オープニング・セレモニー ⇒ 初日 18:00~
  アーティスト・トーク     ⇒ 9月26日(土) 18:00~

ーーーーーーーーーーー(8・29)

  ・1977年 札幌生まれ
  ・      多摩美術大学美術学部彫刻科卒業
  ・2002年~ 白老町飛生アートコミュニティーを拠点に制作活動

 今年は随分と国松希根太さんの作品を見ることができました。グループ展の中での作品数ですから、そう多くはありません。けれども、非常に印象深いものがあります。
 彫刻のシャープな切れ味・感覚は知っていましたが、それに膨らみや和の美しさが加わっています。

 「HORIZON」、水平線のような横広がりがイメージされます。見渡す限りの横一線の世界、そこに置かれた希根太作品です。わずかな彫刻の起伏が水平なす自然とどう響きあうのでしょう。見果てぬ夢?地平と天空との狭間の淡い入り口?今後の若き作家の自然観の変遷や深化が楽しみです。

 今展はギャラリー創の企画展です。立派なフライヤーです。期間も長くて力の入れようがわかります。決して広い会場ではありませんが、充分に個展を堪能できるでしょう。
[PR]

by eitu | 2009-09-28 08:22 |
2009年 09月 28日

⇒個展) 札幌パルコ 「森山大道・写真展  北海道<序章>」 9月12日(土)~9月28日(月)

f0142432_85792.jpg○ 森山大道・写真展
    北海道<序章>
        
 会場:札幌パルコ・本館7F スペース7
    中央区南1条西3丁目
    電話(011)214-2111

 会期:2009年9月12日(土)~9月28日(月)
 時間:10:00~20:00
    (土曜日のみ~20:30。最終日は、~18:00まで)
 料金:一般・300円 学生・200円 小学生以下・無料

 主催:当館 札幌宮の森美術館

※ トーク・ライブ ⇒ 森山大道×大竹伸朗
             9月26日(土) 18:00~ 於・当館 800円(事前予約性)
              問い合わせ・(011)612-3562 

ーーーーーーーーーーーーーー(9・11)

f0142432_8103751.jpg 写真家・森山大道氏の一連の写真展です。場所は街中の札幌パルコですから行きやすいところです。この会場ではあまり展覧会は開かれてはいないと思います。

 詳細はパンフを読んで下さい。
[PR]

by eitu | 2009-09-28 08:10 | 三越・丸井・パルコ
2009年 09月 27日

⇒グループ展) アイボリー 「道都大学・中島ゼミ 『Nockin' on Toilet Door』」 9月22日(火)~9月27日(日)

f0142432_21394176.jpg

○ 道都大学・中島ゼミ
    Nockin' on Toilet Door


 会場:ほくせんギャラリー ivory(アイボリー)
    中央区南2条西2丁目 
      NC・HOKUSENブロックビル4階
    (北西角地、北&西に入り口あり)

 会期:2009年9月22日(火)~9月27日(日)
 時間:11:00~19:00
     (最終日は、~17:00まで。)

 【参加作家】
 橋口順平 松本ナオヤ 阿部真大 松浦進 小野翔平

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(9・18)

 案内状を頂ました。ありがとうございます。

 DM作品、黒の部分が目を惹きます。朦朧さと大胆さ、原画を見たいですね。
 タイトルもユーモラスです。「トイレのドアは叩きましょう」、という意味かしら?叩かずに開けても、様式トイレだと「こんにちは」という挨拶になるかもしれません。

 道都大学の中島ゼミです。現役・卒業生と混じっているかもしれません。
[PR]

by eitu | 2009-09-27 21:31 | 北専・アイボリー
2009年 09月 27日

⇒企画展) 帯広・真鍋庭園 「帯広圏現代アートパーティ 『真正閣』の10日間」 9月18日(金)~9月27日(日)

f0142432_212347.jpg

○ 帯広圏現代アートパーティ企画展・5
 
    「真正閣」の10日間
     -真鍋庭園で現代アートにであうー
        (アートプラン 池田緑)
 

 会場:真鍋庭園 真生閣 
    帯広市稲田町東2-6
    電話(0155)48-2120

 会期:2009年9月18日(金)~9月27日(日)
 時間:10:00~17:00
 入園料:500円
      (真正閣は無料)

 【参加作家】
 池田緑 鈴木隆 伽井丹彌 熊澤桂子 吉野隆幸 梅田正則 戸張善彦

※ オープニング・イベント ⇒ 「座談で語る会」 座長・米山将治
                   9月20日(日) 14:00~16:00 於・真生閣

※ クロージング・イベント ⇒ ダンス・パフォーマンス 「かげろふ」 舞踊集団 BU・U
                  最終日 16:00~16:30


ーーーーーーーーーー(9・18)

 案内状を頂ました。ありがとうございます。

 「真鍋庭園」、日本一の広さを誇ると紹介されています。僕にとって初めて聞く名称です。空間に広き帯広ですから、そういう場も不思議ではないですね。
 「真生閣」は大正天皇が当地への御訪問の折に建てられ、昭和天皇も利用されたという由緒ある建物だそうです。建物自体は真鍋庭園に移設復元されたものです。

 日本統治者に縁深き建築物です。近代美学・思想をも相対化・否定・無化することを孕んでいる「現代美術」が重なるのです。それはミスマッチのようなグッドマッチのような係わりです。それぞれの作家が「真生閣」という場に、いかに触発されたのでしょうか?



 (住所表示からですと、上の場所になります。本当かしら?
  わざわざ札幌から行かれる方は、電話確認されたほうがいいと思います。)
[PR]

by eitu | 2009-09-27 20:42 | 【帯広】
2009年 09月 27日

⇒個展) ト・オン・カフエ 「藤山由香・展 『ことばさえ』」 9月15日(火)~9月27日(日)

f0142432_1854395.jpg
○ 藤山由香・展
   「ことばさえ」


 会場:TO OV cafe(ト・オン・カフエ)
     中央区南9西3-1-1
       マジソンハイツ1F
     (地下鉄中島公園駅下車。
     北東に徒歩2分。北東角地。)
      電話(011)299ー6380

 会期:2009年9月15日(火)~9月27日(日)
 休み:会期中は無休
 時間:10:30~22:00

ーーーーーーーーーーーーーーー(9・8)

 (DN作品は、820×242mm 油彩 キャンバス。)

 今年のミヤシタ・ギャラリーでの個展を見逃してしまいました。最終日の時間外に会場に到着、次の作家が展示中です。がっかりしてしまいました。

 というわけで見たいと思っています。
[PR]

by eitu | 2009-09-27 18:02 |   (カフェ)ト・オン
2009年 09月 27日

⇒個展) (青森)八戸市美術館 「露口啓二写真展 『ミズノチズから・・・』」 9月18日(金)~9月27日(日)

f0142432_9495495.jpg








○ ICANOF第9回企画展(略称BBB展)
   露口啓二(写真家)初の大規模写真展
    『ミズノチズからオホーツク・シモキタへ
       /写真の照相=照層の写真』

    
 会場:(青森)八戸市美術館2・3Fギャラリー
    電話

 会期:2009年9月18日(金)~9月27日(日)
 休み:無し
 時間:11:00~18:00
    (最終日のみ、~16:00閉館)

※ アーティスト・トーク ⇒ 9月21日 16:00~ 於・同館
                 露口啓二 八角聡二・伊藤二子

ーーーーーーーーーーーーーーーー(9・5)

 300点以上の展示です。「大規模写真展」と謳うのもうなずけます。
 ところが会場は八戸です。行けそうもないので記録だけでも留めておきます。

 今年8月、「東川フォトフェスタ特別賞」を授賞されたとのことです。結果的には、その授賞を記念するような写真展になりましたが、決してそうではないでしょう。入念な計画の下に、露口氏の写真活動に注目されての企画展でしょう。
 

 写真は「風景」です。もちろん、観光土産にはほど遠いものです。
 初期連作「ミズノチズ」、「地名」、「On-沙流川」他、未発表の新作「オホーツク・シモキタ」と続きます。
 キーは「地図」です。露口風に写真という地図に置き換えての物です。通俗的に言えば、地図と写真で見る「過去と今」です。
 タイトルに「写真の照相=照層の写真」という言葉があります。「照相」とは中国語で写真を意味します。栄通風に書き換えれば、「地図の風景=写真という地図、閉じ込められた過去と今」になるでしょうか。

 風景を「地図」という視点で見る目、そこに現代的な客観的目と、現代人の性(さが)を思う。氏の仕事は大いに批判されることによって、現代人の「今」が浮き彫りになると思うのです。写真に漂う冷たい眼差し、ここのところを深く考えるべきでしょう。
[PR]

by eitu | 2009-09-27 09:24 | ●[道外:東京 他]
2009年 09月 26日

⇒個展) 札信 「川上直樹・展  2009」 9月24日(木)~9月26日(土)

f0142432_11105751.jpg
○ 川上直樹・展  2009

 会場:プラザかけはし(札信ギャラリー)
    中央区南2条西3丁目
     札幌信用金庫本店西口
     営業プラザ「かけはし店」地下1F
     (駅前通り東側)
     電話(011)241-2141

 会期:2009年9月24日(木)~9月26日(土)
 時間:10:00~17:00
     (最終日は、~16:00まで。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(9・5)

 案内状を頂ました。ありがとうございます。

 DMをいただく前に、某ギャラリーでご本人とばったり。しばし立ち話。仕事と絵画制作のためか、やや細くなっていたのがきがかりでした。その為か、言葉も力がみなぎると言うよりも、淡々として溜め込んでいる風情でした。

 川上直樹さんは道展を大きなけじめとして制作されています。この個展が終わると、ほどなくその公募展の出品です。その出品前に個展をされて出品作をじっくり見る。客観的に観察しきって最後の仕上げをされるようです。その時の鑑賞者との語らいが、作家の情念をさらに高めることになるのでしょう。気付きもあるかもしれません。

 今展は特にタイトルを付けてはいません。「風景」あるいは「静物」が中心でしょう。静謐なたたずまいに「川上らしさ」を模索されています。個人的には、作家の意思に反して、ユーモラスな面が顔を出すのも楽しんでいます。そのユーモラスさはヒューマニティーに根ざしているようです。

 会期は3日間だけです。おそらく作家は在廊です。大いに語らって下さい。
[PR]

by eitu | 2009-09-26 11:08 | 札信ギャラリー
2009年 09月 25日

⇒個展) 門馬 「森つくし・展 (陶)」 9月18日(金)~9月25日(金)

f0142432_11172666.jpg

○ 森つくし・展 (陶)

 会場:ギャラリー 門馬 
     中央区旭ヶ丘2丁目3-38
      (バス停旭ヶ丘高校前近く) 
     電話(011)562ー1055

 会期:2009年9月18日(金)~9月25日(金)
     (※ 20日は音楽コンサートのため時間変更あり)
 時間:11:00~18:00
     (最終日は、~17:00まで)

※ 音楽と陶芸のコラボレーションコンサート  『門馬邸の秋』 3,000円
     9月20日(日) ① 開場・13:30 開演・14:00~ 
               ② 開場・18:00 開演・18:30~

ーーーーーーーーーーーーーー(9・14)

 DMの作品は何だろう?と考えてしまいます。
 釣り針のような象形文字のようなデザインのような?素材すらよくわかりません。DMをよく見ると「セラミック」と書かれています。焼き物です、陶でしょう。

  ・2002年 札幌市立高等専門学校インダストリアル・デザイン専攻科修了

 若い作家です。
 開場は邸宅のほうです。どんな壁面構成になり、空間を作るのでしょうか?
[PR]

by eitu | 2009-09-25 11:05 | 門馬・ANNEX