栄通の案内版

eitu.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 45 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 29日

個展) イワミザワ90°  「SUS33・佐藤晴美・個展 MATRIX~とんぼ玉展~」 12月3日(木)~12月29日(火)

f0142432_9103433.jpg
○ SUS33 佐藤晴美・個展
   MATRIX ~とんぼ玉展~


 会場:イワミザワキュウマル(iwamizawa90°)
     岩見沢市3条西5丁目5-1
     (JR岩見沢駅より駅前通りの左側を徒歩5分。
      通りに面した東南角地。)
     電話:(担当・遠藤)090-7645-0671 

 会期:2009年12月3日(木)~12月29日(火)
 休み:水曜日
 時間:10:00~19:00
    (日曜日は、~18:00まで。)

ーーーーーーーーーーーー(12・11)

 当館からメールで案内が来たいたのですが、ようやくDMを入手したので載せることができます。

 とんぼ玉です。作家は、きっと若い方でしょう、可愛いDMです。

 当館、今年最後の展覧会です。
 もっと岩見沢に足を運びたかった。
 もっと札幌近郊のことを知りたいので、どうしても現地に行きたかった。当館があることは、かるいドライブの寄り道としては最高なのに、不甲斐ないことです。
 歳は一つの区切り、今年の収穫も沢山あった。反省も含めて新たな歳に備えよう。
 
[PR]

by eitu | 2009-12-29 09:07 | [岩見沢]キュウマル 他
2009年 12月 28日

⇒個展) (東京)ギャラリー・URANO 「折登朱実・展」 12月22日(火)~12月28日(月)

f0142432_1675034.jpg
○ 折登朱実・展  
    
 会場:(東京)ギャラリー・URANO
    東京都台東区柳橋1-9-1
      柳橋ティーアイビル1F
    電話(03)3863-1610

 会期:2009年12月22日(火)~12月28日(月)
    (会期中は無休)
 時間:11:00~18:00

ーーーーーーーーーーーーーーーー(12・14)

 案内状を頂ました。ありがとうございます。
 (DM作品は、「貝と花」・水彩 インク SM。)


 ・ 1960年  北海道生まれ
 ・ 1990年~ 春陽会出品
 ・ 1999年  春陽会会員推挙
 ・ 2003年
   ~2009年 ギャラリーURANOにて個展
            現在、春陽会会員、札幌在住


 昨年も当館での個展の案内を頂きました。宣伝効果はほとんど無いのですが、こうして載せておけば、作家の個展歴の一部として記録にもなるかもしれません。当方も、嬉しい限りです。

 折登朱実さんは具体的形象と心象世界を重ね合わせて絵ができていると思います。画面の形態は、時に滲みも多く輪郭不鮮明で、何を画いているかはわかりにくい場合もあります。それは決して抽象というのではなく、心象性の強さであり、輪郭世界への埋没の結果でしょう。

 DM作品、白いのが花でしょうか?貝はどこに?「貝と花」、共に女性や性の象徴表現になったりもします。自己の化身にもります。人間と相性のいい生き物です。
 白がくっきりして、暗灰色の割合が多い。ブルーな気分が強くたちこめている。にじみの世界に色がほんのりと配されている。実作はどんな感じでしょうか?
[PR]

by eitu | 2009-12-28 16:00 | ●[道外:東京 他]
2009年 12月 27日

⇒個展) ミヤシタ 「梅沢みほ・展」  12月9日(木)~12月27日(日)

f0142432_23302525.jpg
○ 梅沢みほ・

 会場:ギャラリーミヤシタ
    中央区南5条西20丁目-1-38 
    (西向きの民家)  
    電話(011)562-6977
 会期:2009年12月9日(木)~12月27日(日)
 休み:月曜日(休廊日)
 時間:12:00~19:00 
     (最終日は ~17:00まで。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(12・7)

 DM作品、何とも不思議です。やけに柿色や緑が目立ちます。思い切った白地の大きさです。
 点描のような線描のような、心象のような抽象のような?大きさはどれくらいでしょう?
[PR]

by eitu | 2009-12-27 23:27 | ミヤシタ
2009年 12月 27日

⇒グループ展) 資料館 「資料館をアートする」 12月22日(火)~12月27日(日)

f0142432_23313464.jpg
○ この冬、札幌市資料館が美術館に
   資料館をアートする


 会場:札幌市資料館 1・2階(全館)
    中央区大通西13丁目 
     (旧札幌控訴院。
      大通公園の西の果て)
     電話(011)251-0731

f0142432_23321462.jpg 会期:2009年12月22日(火)~12月27日(日)
 時間:9:00~20:00
     (初日は、~19:00まで)


 共催:h.i.p-a 当館(札幌市資料館)
 協賛:アトリエムラ omnicol.com
  
 【参加作家】
 国松希根太(彫刻家) 冨田哲司(ビジュアル・インスタレーター) こんの・あきひと(写真家&インスタレーター) 石黒翔(映像作家) 黒田晃弘(アーティスト) 本間タカフミ(造形作家) バリー。アシュワース(写真家) MIN×MIN(空間インスタレーター) 川内優加(画家) NUKILIZO(画家)

 アトリエムラ ギャラリー・生け花 草月SYC


 他、映像・音楽等のイベントにも参加作家あり

ーーーーーーーーーーーーーーー(12・3)

 本日、訪問。

 非常にパブリックな美術現場(シーン)なのに、あまり私設美術ギャラリーには広報をしていない展覧会です。報道機関には連絡済とのことです。僕が通い慣れている美術巡りの環境はマイナーな存在だったので、手が廻らなかったのかもしれません。今後も継続的にされると思うので、できればもう少し広報にも力を入れてもらいたいものです。

 それはともかくとして、面白い展覧会です。会場で入手したパンフ類を掲載します。
 資料館丸ごと美術作品で飾って、「札幌資料館=旧札幌控訴院」を見つめなおしましょう。そして美術と社会が楽しく怪しく複雑にからみたい、そんな展覧会だと理解しました。

 廊下を使ったりもしていますが、基本的には参加作家に一部屋をあてがってのオーソドックスな展覧会です。
 期間は、普通の展覧会と同じで1週間(6日間)です。チョッと短期間でもったいない感じです。
 全作家紹介は無理ですが、栄通記本編でも載せる予定です。

f0142432_2351331.jpg 週末(金・土・日)はいろいろとイベントも用意されているので、パンフ(右側の写真)を確認して下さい。
[PR]

by eitu | 2009-12-27 23:09 | 資料館
2009年 12月 27日

⇒学生展) 写真ライブラリー 「札幌大学写真部 学外展」 12月23日(水)~12月27日(日)

f0142432_19445695.jpg
○ 札幌大学写真部 学外展

 会場:札幌市写真ライブラリー
    中央区北2条東4丁目
     サッポロファクトリー・レンガ館3階
    電話(011)207-4445  

 会期:2009年12月23日(水)~12月27日(日)
 休み:月曜日
 時間:10:00~19:00
    (最終日は、~17:00まで。)

ーーーーーーーーーーーーー(12・11)
 
 案内状を頂ました。ありがとうございます。

 年末に大学生の写真部展が多く開かれています。
 当館は来春早々閉館が決まっているので、良き記念の意味を込めて開いているのかもしれません。
 それはそれとして、しっかり見に行きたいと思っています。
[PR]

by eitu | 2009-12-27 19:38 |  (写真ライブラリー)
2009年 12月 27日

⇒巡回展) 道内5ヵ所 「第3回 北海道現代具象展 」 2009年8月26日(水)~12月27日(日)

f0142432_9253278.jpg
○ 第3回 北海道現代具象展

◎ 千歳市民ギャラリー
   会場:千歳市千代田町5丁目7-1
        電話・(0123)42-5214
   会期:2009年8月26日(水)~9月3日(木)
   料金:無料

◎ 市立小樽美術館
    会場:小樽市色内1丁目9-5 
         電話・(0134)34-0035
    会期:2009年10月24日(土)~11月23日(月)
    料金:一般・300円

f0142432_9285336.jpg◎ 札幌時計台ギャラリー
    会場:中央区北1西3・札幌時計台文化会館
     (東西に走る仲通りの北側のビル)
     電話(011)241ー1831
    会期:2009年11月30日(月)~12月5日(土)
    時間:10:00~18:00 
        (最終日は、~17:00まで)
    料金:無料

◎ 室蘭市民美術館
   会場:室蘭市幸町6-23
        電話・(0143)22-1124
   会期:2009年12月8日(火)~12月13日(日)
   料金:無料

◎ 深川市アートホール東洲館
   会場:深川市1-9-19・経済センター2F
        電話・(0164)26-0026
   会期:2009年12月16日(水)~12月27日(日)
   休み:月曜日(定休日)
   料金:無料

 【参加作家】
 ・ 招待作家 5名
 ・ 北海道在住作家・21名。
   (お名前はパンフを見て確認して下さい。
    時間がある時に、個人名を記しておきたいと思います。)

ーーーーーーーーーーーーー(12・14)

 既に、札幌会場として紹介済みです。今後の資料のために予定表を載せておきます。

 全体会期も深川会場を残すばかりです。幸い2週間と期間は長い、ご近所の方、お見逃し方、今年最後の大型展覧会をお楽しみ下さい。個人的には旭川美術館の「エロイーズ・展」の寄り道にしたいとおもっています。
[PR]

by eitu | 2009-12-27 09:01 | ★★多会場展覧会
2009年 12月 26日

個展) 粋ふよう 「ギャラリー粋ふよう賞・受賞記念  野島大樹・個展」 12月21日(月)~12月26日(土)

f0142432_155172.jpg
○ ギャラリー粋ふよう賞・受賞記念
    野島大樹・個展
      籠ー芥ー


 会場:ギャラリー・粋ふよう
    東区北25条東1丁目4-19
    (北東角地。
    玄関は北向き、北26条通りに面す。)
    電話(011)743-9070

 会期:2009年12月21日(月)~12月26日(土)
 休み:日曜日(定休日)
 時間:10:30~18:00 
     (最終日のみ、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーー(12・20)

 「個展技法に基づく油彩画」とDMに書かれています。確かにDM作品は写実を徹底させた具象画です。
 
 この個展のきっかけになった「ギャラリー粋ふよう賞・展」は見に行かなかった。ですから、見に行きたいものです。

 あと10日で新しい年です。今週からお休みのギャラリーが増えることでしょう。数少ない展覧会の一つと思います。
[PR]

by eitu | 2009-12-26 15:45 | 粋ふよう
2009年 12月 24日

⇒企画展) 近代美術館 「土×炎=? ~古代を夢見るやきものアート~」 12月20日(日)~2月11日(木・祝)

f0142432_1551118.jpg
○ ×
   つち と ほのお で 何だろうな
     ~古代を夢見るやきものアート

    
 会場:北海道立近代美術館
    中央区北1条西17丁目   
    電話(011)644-6882

 会期:2009年12月20日(日)~2月11日(木・祝)
 時間:9:30~17:00
    (入館は16:30まで。)
 休み:月曜日(定休日)
 料金:一般・800円 高・大学生・400円 小・中生・200円
     

f0142432_1553515.jpg   主催:当館 NHK札幌放送局

ーーーーーーーーーーー(12・24)

 (写真をクリックすれば拡大されます。)

 先史遺跡から発掘された土器や土偶などの焼き物、作家ならずとも、現在では多くの人がそれらに魅せられます。
 近代造形作家たちは「美」・「造形」の原石として、それらの古代造形に真っ先に立ち向かった。そして、個人の美学作品として実現した近現代造形感覚は、今の私達の近代感覚を具象化する先鞭でもあったのでしょう。

 今展は、それら古代の埋蔵物としての焼き物と、近現代造形作家の焼き物、合わせて82点の展示とのこと。
 限られた収集とその数だけで「古代と現代」を全面的に考察できるかは疑問です。しかし、「何か」が触発されるかもしれない。
 赤いパンフに倣って、赤い目をして見に行くことにしよう。
[PR]

by eitu | 2009-12-24 15:07 | ☆道立近代美術館
2009年 12月 22日

⇒個展) 石の蔵・はやし 「河合利昭・陶展」 12月17日(木)~12月22日(火)

f0142432_1747453.jpg
○ 河合利昭・陶展
   
 会場:石の蔵ギャラリー・はやし 1階
    中央区北8条西1丁目1-3 
    (西向き、駐車場有り。)
    電話(011)736-0884

 会期:2009年12月17日(木)~12月22日(火)
 休み:水曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00
     (最終日は ~17:00まで) 

 ※ 茶房及び駐車場有り

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(12・9)

 案内状を頂ました。ありがとうございます。

 「寒中お見舞い申し上げます」と、自書も添えられています。押印も。力強くて作陶家の性格が顕われているようです。嬉しく頂きました。
 石の蔵は久しくご無沙汰しています。久しぶりに会場と氏の作品にお会いしたいものです。器展だと思います。DMは、とても陶展とは思えません。どんな感じの展示構成になるのでしょうか?
 「Oribe-kohiki-etc.」とDMには書かれています。「織部ー粉引ー他」でしょう。
[PR]

by eitu | 2009-12-22 17:28 | 石の蔵・はやし
2009年 12月 21日

⇒二人展) 茶廊法邑 「内海真治・坂田真理子 二人展 ~コロンブスの卵~」 12月16日(水)~12月21日(月)

f0142432_21341313.jpg
○ 内海真治・坂田真理子 二人展
    コロンブスの卵


 場所:茶廊法邑
    東区本町1条1丁目8-27
    電話(011)785-3607

 期間:2009年12月16日(水)~12月21日(月)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:10:00~18:00
 (最終日は、~16:00まで)

※ クリスマス・パーティー ⇒ 12月18日 19:00~ 1,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーー(12・5)

 内海真治さんから案内状を頂ました。ありがとうございます。

 面白いDMだ。
 それには「内田真治」と書かれてあります。当然「内海真治」の間違いです。ジョークなのか本当の間違いなのか?これからは「ウチダさん!」と呼ぶことにしましょう。

 DM作品、その内海さんの人物焼物ですが、当館のオーナーを模したみたい。ユーモラスさなのだが、それを超えた「内海真治」の芸心が伝わってくる。それにしても迫力満点だ。
 相方の坂田真理子さん。内海さんに負けず劣らず濃厚な作風のようだ。年末に贈る中年作等家の「生きる喜び情念・展」みたいだ。


 期間中にクリスマス・パーティーもあるようだ。はっきり分からないがギャラリー法邑の催しかもしれない。多くの作家達が集まることでしょう。僕も内海さんに「来てね」と誘われました。まるでDM作品の焼物人物が手招きしているみたい。
[PR]

by eitu | 2009-12-21 21:28 | (茶廊)法邑