<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 18日

⇒個展) 「澁谷俊彦・展 『茶室DEアート』」 紅桜公園 7月16日(土)~7月18日(月)

f0142432_1941050.jpg
○ 澁谷俊彦・展 

     茶室DEアート



 会場:紅桜公園内 茶室寿光庵
      南区澄川4条13丁目389-6
     電話(011)581-4858  

 会期:2011年7月16日(土)~7月18日(月)
 時間:10:00~17:00

 【公共交通手段】 
  ・地下鉄「真駒内」駅6番バス乗り場より、
    [南81]西岡線「豊平清掃事務所前」行き乗車。
             「澄川南小学校前」下車、徒歩12分です。

 ○ サッポロアートラボ第15回レクチャー

   【講師】 澁谷俊彦 
   【日時】 7月17日(日) 14:00~16:00
   【会場】 紅桜公園内 茶室寿光庵/木乃実茶屋
   【料金】 大人 1000円 学生 500円(1ドリンク菓子付き)
   【申し込み・問い合わせ】 ト・オン・カフェ 
                    電話(011)299-6380 

ーーーーーーーーーーー()

 案内状を頂ました。ありがとうございます。

 2009年に続いて2回目の展覧会です。その時はインスタレーション、そして今回も同じでしょう。その時は四角柱の置物、さて今回は?最近の傾向が続くでしょう。裏に色が塗られた白いものの陳列・・・。

 会期は3日間と短いです。良い機会ですから、紅桜公園も愛でてきて下さい。
 会期中にレクチャーも予定されています。沢山の人が入れないところですから、予約をされた方が確実でしょう。
[PR]

by eitu | 2011-07-18 18:54 | ★★その他
2011年 07月 10日

⇒企画展) 「アンリ・ルソーと素朴な画家たち」 小樽美術館 5月21日(土)~7月10日(日)

f0142432_1859876.jpg
○ 世田谷美術館コレクションによる

    アンリ・ルソーと
        素朴な画家たち
 


 会場:市立小樽美術館
       小樽市色内1丁目9番5号
      (小樽駅を5分ほど運河方面に。
       向かいが旧日銀。)  
      電話(0134)34-0035

 会期:2011年5月21日(土)~7月10日(日)
 休み:基本駅に月曜日(定休日) 
 時間:9:30~17:00 
 料金:一般・1000円 高校生・市内高齢者・500円 小中学生以下・無料

 主催:当館 第12回共同巡回実行委員会 公益法人・市川市文化振興財団 
      笠岡市立竹喬美術館 (財)かすがい市民文化財団

f0142432_19102330.jpgーーーーーーーーーーーーー(5.29)

 アンリ・ルソーは見たことがありません。彼の作品はそんなに沢山はこないでしょう。それでも、素朴派の画家達の作品を含めて、楽しみなことです。
 今展の「素朴派」とは、アンリ・ルソーと同時代の人のことでだけではありません。彼によって開かれた「芸術と素朴」、その視点でコレクションされた近現代の作品群です(パンフを拡大して、出品作品を確認して下さい)。興味のそそれれる収集態度です。
[PR]

by eitu | 2011-07-10 19:13 | ☆小樽美術館・市民ギャラリー
2011年 07月 10日

⇒特別展) 「第62回式年遷宮記念特別展 伊勢神宮と北海道」開拓記念館 6月3日(金)~7月10日(日)

f0142432_15462191.jpg

○ 第62回式年遷宮記念特別展 

   伊勢神宮と北海道  
     

 会場:北海道開拓記念館 特別展示室
      札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
     電話(011)898-0456
     ファクス(011)898-2657

 会期:2011年6月3日(金)~7月10日(日)
 休み:平日の月曜日(定休日)  
f0142432_15471974.jpg 時間:9:30~16:30
     (初日のみ、11:00~から。)
 料金:一般 500円 高大生 170円 小中生 80円 

 主催:当館 社団法人 霞会館
 特別協力:神宮司廳

※ 函館展 ⇒ 2011年7月23日(土)~9月11日(日)
           於・市立函館博物館

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(5.17)
 
 案内状を頂きました。ありがとうございます。

 20年に1度行われる伊勢神宮の式年遷宮。それは飛鳥時代以来、ご神体を新宮に移す儀式です。
 今展では伊勢信仰に関する資料を展示し、合わせて北海道と伊勢神宮の関わりを紹介するものです。

 北海道はまさに「明治維新以降に開拓」された新天地です。それを推進した明治政府は近代的天皇制を新たに創出し、それをてこに北海道は独占開拓・開発されていきました。北海道全部が天皇地・御料地といえるでしょう。今も道内に多く残る「御料」という地名は天皇地の名残です。その天皇制を支えた伊勢神宮の儀式を考えることは、今の北海道の歴史を再考する良いキッカケになるでしょう。

 また、江戸時代には道南の地は和人地(人間地)と呼ばれ、松前藩が直接統治していました。松前、函館、江差が中心で、本州との信仰の出入り口として伊勢神道も迎えられていたことでしょう。その時代の伊勢神宮にまつわる資料も展示の中心になるでしょう。

 というわけで、「天皇制から見た近代・近世の北海道」を考古資料で考える場でしょう。アイヌを含めた難しい問題が横たわっています。
 もちろん、今展は天皇制を批判する展覧会ではありません。批判精神は見る人の側にあります。あくまでも考古資料の提示展で留まるでしょう。どこまでその入り口を今展が果たしたかは、こちら側が判断する問題です。また、研究従事者の問題意識を確認する場でもあります。


 今展は本編でも写真入りで報告することになるでしょう。以上の発言は私自身の問題意識を試すものでもあります。単に「こんな品々がありました、上手な見せ方でした」というばかりではダメでしょう。何を見てきて、どれだけ書けれるかです。
[PR]

by eitu | 2011-07-10 15:32 | ☆開拓記念館
2011年 07月 10日

⇒企画展)「抽象彫刻30人展(開館30周年記念) ー北の作家たちー」本郷新美術館 5月21日(土)~7月10日(日)

f0142432_1581782.jpg
○ 当館開館30周年記念

 抽象彫刻30人展 

   ー北の作家たち
 


 会場:本郷新記念札幌彫刻美術館・本館
    中央区宮の森1条12丁目
    電話(011)642-5709

 会期:2011年5月21日(土)~7月10日(日)
 休み:平日の月曜日
 時間:10:00~17:00
f0142432_159065.jpg 料金:一般 300円 高大生 200円

 主催:当館 

 【関連事業】 
 (パンフを拡大して詳細を確認してください。)

 【出品作家】
 阿地信美智 阿部典英 泉修次 伊藤明彦 伊藤隆弘 柿崎熙(ひろし) 加藤宏子 川上りえ 國松明日香 櫻井亮 下澤敏也 菅原尚俊 杉田光江 田村陽子 ダム・ダン・ライ 富原加奈子 楢原武正 野又圭司 端聡 伴翼 藤田尚宏 藤本和彦 松井茂樹 松田郁美 毛内やすはる 山本美沙 山本良鷹 艾沢詳子 渡辺行夫 渡辺希・・・以上、30名

ーーーーーーーーーーーーーーーー(5.17)

 某ギャラリーで、参加作家の川上りえさんとばったり、そして案内状を頂きました。ありがとうございます。

 「彫刻展」とありますが、いわゆる立体作家作品展です。インスタレーション、漆、金属、木工、石と多義にわたる作家の総出演です。道内作家ばかりと思いますが、比較的札幌圏に在住の方の選抜のようです。

 おそらく写真撮影はダメでしょう。屋外展だけでも撮ってきて報告記が書ければと思っています。
[PR]

by eitu | 2011-07-10 12:21 | ☆本郷新記念彫刻美術館
2011年 07月 10日

⇒企画個展) 「色彩の魔術・矢柳剛 POP UKI・GO YANANAGI」 クロスホテル札幌 4月22日(金)~7月10日(日)

f0142432_855580.jpg


○ 色彩の魔術  矢柳剛 

    POP UKI  GO YANANAGI
      

   
 会場:クロスホテル札幌館内
      (1階エントランスホール含む)
     中央区北2条西2丁目
     電話

f0142432_8562495.jpg 会期:2011年4月22日(金)~7月10日(日)
 休み:日曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00

※ オープニング・セレクション ⇒ 初日 18:30~22:00 

 主催     :当館(クロスホテル札幌)
 キュレーター :SHIFT
 協力     :東京画廊+BTAP まちなかアートプロジェクト 正文印刷株式会社
 連携企画  :札幌ビエンナーレ・プレ企画2011

ーーーーーーーーーーーー(4.22)

 案内状を頂きました。ありがとうございます。
 パンフ裏面には詳細な説明文が書かれています。クリックすれば大きくなるので、是非読まれて下さい。

 当館では、「札幌から世界に向けて道内アーティストの情報を葉心していきます。・・・3ヶ月毎に作家を変え、年4回、道内作家(道内出身含む)の展覧会を行います」。

 「札幌から世界へ」、頼もしい言葉です。その言葉に堪えうる作家、期待を担う作家とはどんな方々でしょうか?当館が選ぶ作家達を通して、その好みなり考え方を推し量りましょう。大いに期待しましょう。
 会場はホテル内です。以前からエントランス・ホールで作品展示を行っていたとのことですが、まだ行ったことはありません。是非訪問しましょう。ギャラリーたぴおにも近いですから助かります。

 矢柳剛さん、ヤヤナギ・ゴウとよぶのですね。動物の世界を明るく楽しく表現した作品を見たことがあります。パソコン等の技術を駆使して、コラージュで切って貼って貼った継ぎ合わせていました。輪郭鮮明で華やか、どうだどうだ元気一杯という印象でした。

 
[PR]

by eitu | 2011-07-10 08:40 | クロスホテル札幌
2011年 07月 03日

⇒予定表) (カフェ)北都館 「≪① 2011展覧会のご案内 (上半期)≫」 1月4日(月)~7月3日(木)


○ ≪① 2011展覧会のご案内 (上半期)≫


 会場:カフェ&ケーキ&ギャラリー・北都館
   西区琴似1条3丁目1-14
   (地下鉄琴似駅5番出口。第一病院向い)
    電話(011)643-5051  

 会期:2011年1月4日(月)~7月3日(木)
 休み:年中無休
 時間:10:00~22:00
   (日曜日は、~20:00まで。最終日は ~17:00まで。)

ーーーーーーーーーーーーーーー(7・13)

 当館から上半期のスケジュールを頂ました。ありがとうございます。
 (写真を拡大して見て下さい。)


f0142432_22315643.jpg



 
 最近の個展作家の傾向として、公募団体で活躍されている作家が増えている感じです。

 新春第一弾の個展作家は風景画家・本多滋さんです。今年も元気な絵で楽しませて下さい。
[PR]

by eitu | 2011-07-03 22:28 | (カフェ)北都館
2011年 07月 02日

⇒個展) 「カトウタツヤ・絵画展」 粋ふよう 6月20日(月)~7月2日(土)

f0142432_16532577.jpg
○ カトウタツヤ・絵画展  


 会場:ギャラリー・粋ふよう
      東区北25条東1丁目4-19
       (北東角地。
       玄関は北向き、北26条通りに面す。)
      電話(011)743-9070

 会期:2011年6月20日(月)~7月2日(土)
 休み:日曜日(定休日)。
 時間:10:30~18:00 
     (最終日のみ、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーー(6.3)

 案内状を頂きました。ありがとうございます。

 当館を発表のベースにしているカトウタツヤさんの個展です。
 現在は、絵画の可能性を視覚的トリッキーさで遊んでいます。遊んではいるのですが、悩み悩みの真剣な取り組みでもあります。おそらく、「何かを画く」という切迫した気持ちはないのですが、絵画に賭ける思いは人一倍強いからでしょう。
 とりあえずは、ゆったりとその取り組みを眺めることにしましょう。
[PR]

by eitu | 2011-07-02 16:47 | 粋ふよう