<   2012年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 30日

⇒個展) 「町嶋真寿・個展 『Line -思考線-』」 新さっぽろ 4月18日(水)~4月30日(月)

f0142432_21275316.jpg
○ 町嶋真寿・個展 

    『Line -思考線-
 


 会場:新さっぽろギャラリー
    厚別区厚別中央2条5丁目6-3
     デュオ2・5階
    (デュオは地下鉄新札幌駅周辺にあるショッピング・ビル。
     地下鉄&JR新札幌駅と直結)
    電話・花田(090)9439-7921

 会期:2012年4月18日(水)~4月30日(月)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00 

ーーーーーーーーーーーーーー(4.20)

 町嶋真寿さんは北海道教育大学で金属を学ばれた方です。若いです。

 DM作品、金属の線による造形作品です。出来上がった形も大事ですが、形を作る金属の線にも「注意せよ!思考せよ!」と言っているのでしょう。

 グループ展などでは作品に親しんでいますが、個展を見たことがあるのかハッキリしません。そういう意味で、「個展」としての町嶋真寿さんも気になります。
[PR]

by eitu | 2012-04-30 21:22 | 新さっぽろ
2012年 04月 30日

⇒個展) 「松本ナオヤ・個展 『IMAGE INVADER』」 ト・オン・カフェ 4月17日(火)~4月30日(月)

f0142432_2135758.jpg
○ 松本ナオヤ・個展 

     IMAGE INVADER


     

 会場:TO OV cafe(ト・オン・カフエ)
      中央区南9西3-1-1
       マジソンハイツ1F
      (地下鉄中島公園駅下車。
      北東に徒歩2分。北東角地。)
     電話(011)299ー6380

 会期:2012年4月17日(火)~4月30日(月)
 休み:会期中無休
 時間:10:30~22:00
    (日曜日は、10:30~20:00)
 電話:(011)299-6380

ーーーーーーーーーーーーーーー(4.20)

 松本ナオヤさんは道都大学でシルクスクリーンを学んだ方です。

 DM作品、写真を合成してのイメージ世界みたいです。

 写真というウソ、合成というウソ、イメージというウソ、ウソにウソが重なり、それでは単なる嘘つきかというと、そんなことはないのです。見る者にグッと迫る何かを作れたか?仮に今は不満足であっても、気になる何かがあるかないか?
 タイトルは「インベーダー」です。心に「浸入」してくるのです。
[PR]

by eitu | 2012-04-30 20:48 |   (カフェ)ト・オン
2012年 04月 29日

⇒グループ展) 「第3回 (有)ナカジテクス (道都大中島ゼミ展)」 さいとう 4月24日(火)~4月29日(日)

f0142432_1151415.jpg
○ 第3回 有限会社ナカジテクス

   道都大学中島ゼミ・グループ展


 会場:さいとうギャラリー
     中央区南1条西3丁目1
      ラ・ガレリア5階
      (北東角地。
      1階が日産のショールーム。)
     電話(011)222-3698

 会期:2012年4月24日(火)~4月29日(日)
 時間:10:30~18:30
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーー(4.16)

 案内状を頂きました。ありがとうございます。


 以下、DMから。

  道都大学でテキスタイルを学ぶ学生とOBが
  入魂の作品と小物を製作しました。
  どうぞみなさま、小銭を持って来てくださいませ。


 「入魂」、泣かせるね~。それは見に行かねばなりません。
 「小銭をもって」、これまたせっぱ詰まった言葉だ。心して行かねばなりません。
[PR]

by eitu | 2012-04-29 11:47 | さいとう
2012年 04月 29日

⇒支部展) 「第25回記念 札輝展」 市民ギャラリー 4月24日(火)~4月29日(日)

f0142432_842113.jpg       
○ 第25回記念 札輝展  


 会場:札幌市民ギャラリー 
     中央区南2東6(北西角地)
     電話(011)271-5471

 会期:2012年4月24日(火)~4月29日(日)
 時間:10:00~17:00
      (初日は13:00~、16:00。最終日は~17:00まで。)

 主催:日輝会美術協会札幌支部

 【参加作家】
 多数。(DMを拡大して確認してください。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(4.16)

 参加作家の本田滋さんから案内状を頂きました。ありがとうございます。

 このDM、本田さんの手製みたいです。ご自分の作品を5枚掲載してあります。おそらく、出品作品でしょう。グループ展のDMの手製です。いつものように一所懸命で、本田さんの情熱と直向きさがよく伝わります。

 顧問の北村ヒロシさんには、「故」の冠があります。亡くなられたのですね。タピオや個展などで何度かお会いしていますが、なぜだか挨拶程度で終わっていました。病気持ちだったのでしょうか?そうとは知りませんでした。笑みを浮かべて、しっかり端座している・・・そんなイメージの人でした。いつでも話し込む機会があるだろう、そう思っていたのですが、残念です。ご冥福をお祈り致します。
[PR]

by eitu | 2012-04-29 08:17 | 市民ギャラリー
2012年 04月 28日

⇒個展) 「春へのコンチェルト」 たぴお 4月23日(月)~4月28日(土)

f0142432_222720.jpg
○ 春へのコンチェルト    

   
 会場:ギャラリーたぴお
      中央区北2条西2丁目・道特会館1F
      (中通りの西側の郵便局のあるビル。)
      電話・林(090)7050-3753

 会期:2012年4月23日(月)~4月28日(土)
 休み:日曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00

※ オープニング・パーティー ⇒ 初日 18:00~

 【参加作家】
 糸原ムギ 菅野真由 後藤さとみ 田中季里 名畑美由紀 林教司 藤川弘毅 森実 YUKO 和田奈桜子 ・・・以上、10名。  
      
ーーーーーーーーーーーー(4.22)

 当館恒例のグループ展です。とは言っても、久しぶりではないでしょうか。

 常連の藤川弘毅さんです。久しぶりの名畑美由紀さんの名前もあります。今や若き常連といってもいいでしょう、田中季里さんもいます。YUKOさんもいます。当館オーナー林教司さんもしっかり名を連ねています。他にも名に覚えのある方も参加しています。

 春です。コンチェルトです。たぴおです。
[PR]

by eitu | 2012-04-28 21:57 | たぴお
2012年 04月 28日

⇒個展) 「佐藤萬寿夫 ドローイング展Ⅳ」 時計台  4月23日(月)~4月28日(土)

   
f0142432_12252819.jpg○ 佐藤萬寿夫 ドローイング展Ⅳ 

 
 会場:札幌時計台ギャラリー 2階
      中央区北1条西3丁目
       札幌時計台文化会館
      (東西の中通りの北側にあるビル)
     電話(011)241ー1831

 会期:2012年4月23日(月)~4月28日(土)
 時間:10:00~18:00 
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーー(4.12)

 案内状を頂きました。ありがとうございます。

 佐藤萬寿夫さんは2008年に脳梗塞で倒れ、画家として大事な利き手を不自由にしました。その後のリハビリで克服し、以来4回目の個展です。

 微妙な線の震えは、弱そうで頼りなげで、しかし骨格は強い。明るい色合いと重なって、巧みの世界とは別次元の存在感があります。
 作品は小さいでしょう。しかし、大きさではないのです、絵の魅力は。連綿と続く小品の重なり、健常者とは異質なエネルギーの高揚を見ることができます。溜め息も出るかもしれません。

 昨年も本編で紹介しました。今年もしたいと思っています。
[PR]

by eitu | 2012-04-28 12:17 | 時計台
2012年 04月 24日

⇒公募支部展) 「第12回 二科北海道支部展(絵画)」 大同 4月19日(木)~4月24日(火)

 
  
f0142432_9374399.jpg○ 第12回 

  二科北海道支部展(絵画)
 

 会場:大同ギャラリー 3階4階
     中央区北3条西3丁目1
      大同生命ビル3階 4階
      (札幌駅前通りの東側のビル。
      南西角地 。)
     電話(011)241-8223

 会期:2012年4月19日(木)~4月24日(火)
 時間:10:00~18:00
    (最終日は、~16:30まで)

 【参加作家】
 薗田郁夫(芽室町) 田中睦子(遠軽町) 柴崎康男(伊達市) 飯田由美子(札幌市) 
 大築笙子(室蘭市) 新井千鶴子(札幌市) 山田美代子(札幌市) 中田登(札幌市) 
 北田弘美(室蘭市) 小林優子(室蘭市) 三浦ミツエ(平取町) 藤田実香(札幌市)
 
           ・・・以上、12名


  
ーーーーーーーーーーーーーー(4.19)

 案内状を頂きました。ありがとうございます。

 沢山ある公募団体ですが、当会の特徴は・・・、そんなことを書いて大まかな紹介を書こうとしたら、言葉が続きません。なぜかを考えてみたのですが、おそらく、「(全国)二科展」を見たことがないからでしょう。全体のムードがわからないと、「支部の特徴は・・・」といっても、なかなか腹の底からの言葉はでにくいものです。
 全国の流れは流れ、支部展の流れだけでもしっかりと書けるようにしましょう。基本的には具象中心のオーソドックスな作風でしょう。
[PR]

by eitu | 2012-04-24 09:22 | 大同ギャラリー
2012年 04月 22日

⇒個展)「古賀和子・展 ~ルビナスの花たち~」 STVエントランス・ホール 4月2日(月)~4月22日(日)

f0142432_23403676.jpg○ 古賀和子・展 

   ~ルビナスの花たち~
     

      
 会場:STVエントランス・アート
      中央区北2条西2丁目
       STV北2条ビル 1階ホール
      (南進一方通行の西側のビル。) 
     電話(011)207-5062

 会期:2012年4月2日(月)~4月22日(日)
 時間:月~金  9:00~18:00
     土日祝   9:00~16:00

ーーーーーーーーーーーー(4.5)

 案内状を頂きました。ありがとうございます

 「第99回は、古賀和子さんのインスタレーションをご紹介します」


 今日(4月5日)、見てきました。
 「ルビナスの花たち」、それは「祈り」でしょう。祈る姿の土偶の写真が今展のテーマをつらぬいていました。もしかしたら、作家の代表作になる個展かもしれません。
[PR]

by eitu | 2012-04-22 23:52 | STVエントランスホール
2012年 04月 22日

⇒個展)「佐藤仁敬・展」 茶廊法邑 4月14日(土)~4月22日(日)

f0142432_23462771.jpg
○ 佐藤仁敬・展 

        
 ・会場:茶廊法邑
      東区本町1条1丁目8-27
      電話(011)785-3607

 期間:2012年4月14日(土)~4月22日(日)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:10:00~18:00
     (最終日は、~17:00まで)

※ 作家在廊日 ⇒ 14,15,21,22

ーーーーーーーーーーーーーーーー(4.18)

 佐藤仁敬さんの世界は、暗いムードの少女が主人公です。今回のDMもそうです。顔も黒でつぶして暗いですね。でも、暗さだけでは言い尽くせないムードも秘めています。

 「新作を含め、近年描いた作品を油彩大作を中心に展示いたします」
[PR]

by eitu | 2012-04-22 23:42 | (茶廊)法邑
2012年 04月 22日

○企画展講演会)「北の土偶と世界遺産 【講師】菊地徹夫(早稲田大学名誉教授)」開拓記念館 4月22日(日)

   
f0142432_19181222.jpg○ 北の土偶展講演会 

   北の土偶と世界遺産
  


 【講師】 :菊地徹夫 (早稲田大学名誉教授) 

 【日時】 :2012年4月22日(日)
        13:30~15:30

 【会場】 :北海道開拓記念館 講堂
         札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
           
 【料金】 : 無料

 【定員】 : 先着100名 (先着順)

 【申込】 : 以下の専用ダイヤルで申し込んでください。現在募集中。
           受付専用電話 ⇒ (011)898-0500
                
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(4.13)

 案内を頂ました。ありがとうございます。

 現在、当館では特別展として、「北の土偶展」が開催されています。その展覧会の関連行事です。
 

 土偶に寄せる縄文人の精神性、美学、造型性などが講演の中心になるようです。
 もう一つの話題は世界遺産登録に関してです。

 現在、「北海道・北東北を中心とする縄文遺跡群」のユネスコ世界遺産登録に向けて、関係者は働きかけています。
 もちろん、この遺跡が登録に値するから、努力されているのです。それと同時に、学問研究、その予算確保、はたまた観光への起爆剤など、「遺跡&展覧会の社会的活用」ということもあります。特に、北海道や北東北は経済的に低迷しているので、当地を「土偶頼み、遺跡頼み」で盛り上げようとしているのでしょう。
 逆に言うと、「企画展 『北の土偶展』」自体も、単なる博物館活動ではないのでしょう。博物館活動を戦略的に経済活動なり自治体活動、学術活動と積極的にリンクさせようとする試みでしょう。ですから、「世界遺産登録」の為に、今後もいろいろと仕掛けが用意されていることでしょう。高い関心と盛り上がりなくては何事も先には進めないものですから。
 関係者の一層の努力奮闘のおかげで、今後もいろいろな古代展、しかも質の高い企画を見ることができるでしょう。大いに期待しています。
[PR]

by eitu | 2012-04-22 18:51 | ☆開拓記念館