<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 22日

⇒企画展)「木版画の変遷 通(つう)から粋(いき)へ」HOKUBU絵画館 10月17日(木)~12月22日(日)

f0142432_1834617.jpg
f0142432_1835571.jpg






木版画の変遷

  通(つう)から粋(いき)へ   
     
 



 会場:HOKUBU(ホクブ)記念絵画館
      豊平区旭町1丁目1-36
      (地下鉄東豊線「学園前」①番出口、徒歩7分)
     電話(011)822-0306

 会期:2013年10月17日(木)~12月22日(日)
 開館日:毎週木・金・土・日曜日
 時間:10:00~17:00
 料金:一般300円 小中生200円 幼児無料 

ーーーーーーーーーーーーーーーー(11.4)

 案内を頂きました。ありがとうございます。遅い掲載になってすいませんでした。


 浮世絵の展覧会です。

 「・・・国貞を筆頭とした、江戸時代を締めくくる日本人の美意識とその表現の白露に着目します。・・・」


 歌川国貞に着目して浮世絵を、ひいては江戸人の美意識を考えようとするものです。
 国貞の中に、美人画の歌麿を見、さらに写楽をも視野におくのです。彼等の流れの上に国貞があるのです。違いは、歌麿や写楽が「通」の時代、国貞が「粋」の時代、その連続と断絶をパンフは解説しています。
 企画者側のそういう視点で、国貞を浮世絵を江戸時代を考えてみましょう。
[PR]

by eitu | 2013-12-22 18:00 | HOKUBU(北武)
2013年 12月 15日

⇒G展)「繋留(小林英樹 宮田篤 森晴子 守屋美保 織田真二 他7名)」豊田市/市民G. 12月10日(火)~12月15日(日

f0142432_23115212.jpg
f0142432_2312487.jpg




  
繋留

 小林英樹 宮田篤 森晴子
 守屋美保 織田真二 柳澤学海 寄河克哉
 
        



 会場:豊田市美術館市民ギャラリー 展示室9 
     愛知県豊田市小牧本町8丁目5番地1
      電話 (0565)34-6610

 会期:2013年12月10日(火)~12月15日(日)
 休み:会期中無休 (月曜日が休館)
 時間:10:00~17:30
     (最終日は、~17:00まで。) 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー(11.6)

 守屋美保さんから案内をいただきました。ありがとうございます。


 僕は守屋美保さんの線描に、多大な関心を抱いています。空間表現と過剰な情熱・エネルギーに。何よりも不思議な空間感覚が気になっています。それは未知なる生命体との格闘の証なのでしょう。心の格闘、心の在りよう、心を成り立たせている空間・場の意味・・・。

 大学時代の仲間展とのことです。
 会場の広さはどれくらいでしょう?美術館内の市民ギャラリーですからそれなりの広さだと思います。その空間に、インスタレーション的な作品や壁面作品で7名の同期の桜?が集うのでしょう。学業後のそれぞれの姿を確認し合う、そのことを「繋留」という言葉で集約させています。一端集合、確認、そして離散・・その後は・・・長いような短いような人生です。いろいろな巡り会いの大事な一時でしょう。


 今年の2月に名古屋市内を一泊二日で歩き回った。豊田市、一度は行かねばならいと思っていますが、今回は無理でしょう。
 しかし、こうして案内をいただくとは嬉しい限りです。再度、ありがとうです。今後もよろしくお願いします。
 しかししかし、今度はいつ守屋美保ワールドを見れるのでしょう。
[PR]

by eitu | 2013-12-15 22:57 | ●[道外:中部 愛知 他]
2013年 12月 01日

⇒個展)「谷口 大 『古との対話』」 g.犬養 11月21日(木)~12月1日(日)

f0142432_024788.jpg




谷口 大
  古との対話
                




 会場:ギャラリー犬養  
      豊平区豊平3条1丁目1-12
      (地下鉄東西線菊水駅より徒歩7分。
       駐車場有り。) 
     電話(090)7516ー2208 

 会期:2013年11月21日(木)~12月1日(日)
 休み:火曜日(定休日) 
 時間:13:00~22:30

※ 作家在廊予定日 ⇒ 11/21~11/25 11/29~12/1 

ーーーーーーーーーーーーーーー(11.5)

 案内をいただきました。ありがとうございます。


 谷口大さんは陶芸作家です。
 昨年、当館で初個展でした。引き続いての2回目の個展でしょう。
 昨年は焼き物以前の作品展でした。粘土展、あるいは焼き物直前展といった雰囲気でした。初々しかった。
 さて、今年は普通にしっかりと作品を見せるのでしょうか?

 それにしても気になるDMです。写真展のDMみたいです。昨年もそうだった。強い!
[PR]

by eitu | 2013-12-01 00:32 | (ギャラリー&cafe)犬養
2013年 12月 01日

⇒コンペ展)「京都からアートで祝う式年遷宮(高橋知佳・参加)」京都・大原野神社 11月1日(金)~12月1日(日)

f0142432_0433943.jpg




第62回神宮式年遷宮奉賛事業

京都からアートで祝う式年遷宮 

  依代アートプロジェクト



 コンペのタイトル:京都×伊勢 アートで祈り 

 作品テーマ    : 依代(よりしろ)
   




   
 会場:京都市内の十社
     (高橋知佳作品会場は大原野神社) 
    電話

 会期:2013年10月1日(火)~12月21日(土) 
    (高橋知佳は ⇒11月1日(金)~12月1日(日)  


 時間:?:00~?:00
    (会場が神社なので、不明)

 主催/運営:神社への捧げものアートコンペ実行委員会


※ 会場や参加作家等の詳細は、パンフを拡大して確認して下さい
      

ーーーーーーーーーーーーーー(11.3)

 参加されている高橋知佳さんから案内をいただきました。ありがとうございます。


 来年の伊勢神宮・式年遷宮を祝ってのアートコンペ展です。
 会場は京都市内10ヶ所の神社神宮です。選ばれた作家は21名。その中に札幌市在住の高橋知佳さんがいるのです。嬉しいですね。

 彼女の展示作品は2点のようです。タイトルは「あむ、むすぶ」。
 その作品の様子と作家のコメントをパンフレットから抜粋して掲載します。拡大して読んでみて下さい。


f0142432_0515279.jpg




 高橋作品は「鹿」みたいですね。神社境内敷地に飾られるのでしょう。



 作品は細い鉄線を編んだり、結んだり繰り返しながら形作られた2柱の神鹿像。・・・。
  ・・・「編む」行為は、その(自分が感じている)混沌とした世界に「かたち」を与える作業です。同時に、内に抱えた様々な心を吐露する行為であり、自分の心を「ほどく」行為でもあると考えています。(以上、パンフから抜粋。)


 高橋知佳・裸婦像を見知っています。針金で編まれていました。確かに形を与えて、「祈り」を表出していると感じていました。上の文章で驚いたのは、「吐露する行為」と語っていることです。若い情念・エネルギーの直截な造形でもあったのです。彼女が「祈り」と語っても驚かないでしょう。「吐露」、そのストレートな言葉に新鮮な驚きを感じました。今後も、その「吐露」に着目して見ていきたいですね。


 彼女の展示も既に始まっています。京都に行かれる方!ちょっと覗いて応援しませんか?
 「芸術品に応援とは何事か!」
 確かにそうですが、わざわざの京都行です。エールを贈るのも悪くはないでしょう。


 イベント会場地図を載せます。


f0142432_134076.jpg

[PR]

by eitu | 2013-12-01 00:25 | ●[道外:関西 九州 他]