2013年 11月 24日

⇒大学美術部展) 「第104回 北大美術部黒百合会展」 市民ギャラリー 11月19日(火)~11月24日(日)

f0142432_22441721.jpg




 
  

第104回

北大美術部黒百合会展   




 会場:札幌市民ギャラリー 第5展示室  
     中央区南2東6(北西角地)
     電話(011)271-5471

 会期:2013年11月19日(火)~11月24日(日)
 時間:10:00~16:00
      (初日は、13:00~。最終日は、~16:0まで。)
 休み:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(11.5)

 案内を頂きました。ありがとうございます。

 コンパクトで綺麗なDMです。秋をあしらっているのでしょう。
 この2、3年、黒百合会展を見ていません。それでもこうして案内を頂けるのはうれしいものです。見に行けるでしょう。

 
[PR]

# by eitu | 2013-11-24 22:37 | 市民ギャラリー
2013年 11月 24日

⇒個展)「本田征爾展 -ユメノマチモドキ-」 ト・オン・カフェ 11月12日(火)~11月24日(日)

f0142432_17192944.jpg







本田征爾展 
ユメノマチモドキ
 

 透明水彩、アクリル、オブジェ    
         

 

 会場:TO OV cafe(ト・オン・カフエ)
      中央区南9西3-1-1
       マジソンハイツ1F
      (地下鉄中島公園駅下車。
      北東に徒歩2分。北東角地。)
     電話(011)299ー6380

 会期:2013年11月12日(火)~11月24日(日)
 休み:会期中無休 
 時間:月曜~土曜   10:30~22:00
     日曜日&最終日 10:30~20:00
 電話:(011)299-6380


※ ギャラリー・ライブ ⇒ 11/23(土) 20:00~ F.H.C      

ーーーーーーーーーーーーーーー(10.31)

 案内をいただきました。ありがとうございます。


 深海での「マダミヌサカナタチ」の世界が、今までの本田征爾ワールドでした。明るく不思議にでした。

 今回のDM 、優しい不思議さはいつもと同じですが、深海ブルーとでも言いたい暗さがあります。水泡のような、雪のような「白」が漂っています。海の中の「街」でしょうか?
 さてさて、どんな夢見る世界を見せてくれるのでしょう?
[PR]

# by eitu | 2013-11-24 17:10 |   (カフェ)ト・オン
2013年 11月 24日

⇒大学生個展)「北海道大学写真部 前川清太郎個展 『斜め道路」』」 エッセ  11月19日(火)~11月24日(日)

f0142432_13162451.jpg





北海道大学写真部 


前川清太郎個展 
斜め道路
           




 会場:ギャラリー・エッセ
     北区北9条西3丁目9-1 
       ル・ノール北9条ビル1階
     (南北に走る片側2車線道路の東側。)
     電話(011)708-0606

 会期:2013年11月19日(火)~11月24日(日)
 休み:月曜日
 時間:10:00~19:00
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーー(11.4)

 案内をいただきました。ありがとうございます。


 「斜め道路」というタイトルが気になります。その着眼点に注目したいと思います。
 北大の側の斜め道路といえば、テンポラリー・スペースの前の道路がそうです。DM写真、その辺りの風景かと思いきや、違うみたいです。
 札幌市内の特定の「斜め道路」世界なのか、いろんな「斜め道路」が被写体なのか?

 タイトルが気になる個展です。-前川劇場、千秋楽-、とあります。意欲作を期待しましょう。
[PR]

# by eitu | 2013-11-24 13:11 | エッセ
2013年 11月 24日

⇒個展) 「秋永悠作品展 『わたしと、フランケンシュタイン』」 Titi 11月15日(金)~11月24日(日)

f0142432_10415522.jpg








秋永悠作品展 
わたしと、フランケンシュタイン
           




 会場:Titi 
     中央区大通西12丁目4ー98 #202
      (大通公園に面した北東角地のビル2階。
       西向きのビル入り口に拝み看板が立っています。)
     電話(011)261-0452

 会期:2013年11月15日(金)~11月24日(日)
 休み:
 時間:12:00~19:00

※ クロージング・ライブ ⇒ 最終日 於・板東珈琲(展示会場斜め向かいの喫茶店)
              19:30~ 1,500円(1ドリンク付き)


ーーーーーーーーーーーーーー(11.5)


 当展オーナーから案内を頂きました。ありがとうございます。


 チチ--若い人向きの、小さくてかわいい雑貨店、そんな感じです。その小さなお店の片面の壁を展示コーナーにしています。
 お店の雰囲気は優しくて良いのですが、60歳過ぎのオヤジが出入りするにはちょっと恥ずかしいです。でも、一度入ったので気持ちを大きくして出入りすることにします。

 小さいお店の小さい展示。ですから小品中心なのですが、そこは個展の良いところで、それなりに自分を見せる場です。本格展示とは違った楽しみがあります。お店の品々が作品の装飾になっていて、それが小ささを感じさせないのかもしれません。
[PR]

# by eitu | 2013-11-24 10:35 | チチ
2013年 11月 23日

⇒グループ展)「第7回 North_Khaos(ノース・カオス)展 2013」 時計台 11月18日(月)~11月23日(土)

f0142432_17431897.jpg






第7回

North_Khaos 2013
  

京都造形芸術大学同窓会北海道支部     




 会場:札幌時計台ギャラリー 3階D室 
    中央区北1条西3丁目・札幌時計台文化会館
    (東西に走る仲通りの北側のビル)
    電話(011)241ー1831

 会期:2013年11月18日(月)~11月23日(土)
 時間:10:00~18:00 
     (最終日は、~17:00まで)

 【参加作家】
 17名。

ーーーーーーーーーーーーー(10.31)

 案内をいただきました。ありがとうございます。


 表現ジャンルは油彩や日本画など多彩です。参加作家が多いので、どうしても一人の出品数は少なくなります。それぞれの作家の日頃の精進を垣間見る機会になるでしょう。
[PR]

# by eitu | 2013-11-23 17:35 | 時計台
2013年 11月 18日

⇒大学生展)「染展someten 道教育大学岩見沢校工芸専攻 染織研究室展」 g.犬養 11月13日(水)~11月18日(月)

f0142432_11214328.jpg











染展someten 


北海道教育大学岩見沢校 芸術課程 美術コース工芸専攻
  染織研究室
               




 会場:ギャラリー犬養  
      豊平区豊平3条1丁目1-12
      (地下鉄東西線菊水駅より徒歩7分。
       駐車場有り。) 
     電話(090)7516ー2208 

 会期:2013年11月13日(水)~11月18日(月)
 休み:火曜日(定休日) 
 時間:13:00~22:30  

ーーーーーーーーーーーーーーー(11.5)

 某ギャラリーで関係者がDMを配布しています。「僕にも頂戴」といって頂きました。

 DM綺麗ですね。てっきり絵画と思いきや、「染め」のようです。
 教育大学に染織研究室があったのですね。恥ずかしながら知らなかった。というか、気付いていなかった。ということで、当大学のソメケンにも光を当てないといけない。

 
[PR]

# by eitu | 2013-11-18 11:04 | (ギャラリー&cafe)犬養
2013年 11月 17日

⇒個展)「(小西まさゆき展) “ON THE WALL"」CAFE BLANC 11月11日(月)~11月17日(日)

f0142432_2332881.jpg





  
小西まさゆき展 
ON THE WALL"
   




 会場:CAFE BLANC(カフェ ブラン)
     中央区南19条西15丁目5-10
      (札幌市電「ロープウェイ入口駅」から、藻岩山麓通を西に向かって徒歩3分)  
     電話(011)511-6501 

 期間:2013年11月11日(月)~11月17日(日)
 休み:   
 時間:11:00~21:00

ーーーーーーーーーーーーーーー(11.5)

 案内をいただきました。ありがとうございます。


 小西まさゆきさんは、この夏、北武絵画記念館企画展で作品を発表していました。宗教性、軽さ、遊び、お洒落、そんなイメージでした。なかなかの力量です。気になる作家です。

 今回は喫茶店。おそらく小品中心になるのでしょう。
[PR]

# by eitu | 2013-11-17 22:52 | ★★その他
2013年 11月 17日

⇒個展) 「山田恭代美展 2013」 ミヤシタ 10月30日(水)~11月17日(日)

f0142432_152255.jpg




山田恭代美展 2013  
           



 会場:ギャラリー ミヤシタ
      中央区南5条西20丁目1-38 
      (南北の中小路の、東側にある民家)  
      電話(011)562-6977

 会期:2013年10月30日(水)~11月17日(日)
 休み:月曜(定休日)
 時間:12:00~19:00 
     (最終日は ~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(10.21)

 案内をいただきました。ありがとうございます。


 DM作品は、「Nymphaea colorata」・53×53㎝ 木製パネル 和紙 シルクスクリーン アクリル着彩。

 気分は「水面」でしょう。シルクスクリーンだけだと思ったら、着彩しているのですね。

 山田恭代美さんは定期的にしっかり個展を開いています。でも、僕にとっては当館での鑑賞は初めてになります。会場とどんな響きになるのでしょう。
[PR]

# by eitu | 2013-11-17 14:57 | ミヤシタ
2013年 11月 17日

⇒個展) 「ELINA SIPILÄ (エリナ・シピラ個展) in Sapporo」 レタラ 11月7日(木)~11月17日(日)

f0142432_14125689.jpg








ELINA SIPILÄ
  (個展) in Sapporo



フィンランドより、リトグラフ作家 エリナ・シピラ個展  
        




 会場:ギャラリー レタラ 
      中央北1条西28丁目2-35 MOMA place 3F
      (アメリカ領事館の斜め向かいの白いビル。)
     電話(011)621-5600

 会期:2013年11月7日(木)~11月17日(日)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:12:00~18:00
      (最終日は、~16:00まで。)

※ オープニング・パーティー ⇒ 初日 18:00~
                    19:00~ 佐藤美津子カンテレ・コンサート 500円
  

ーーーーーーーーーーーーー(11.20)

 今展で何やかにやとお世話をしている多田浩二さんから、案内を頂きました。ありがとうございます。

 昨年、ギャラリー門馬で日本人とフィンランド人の交流展が開かれました。自主的な独自の企画展です。その時も出品していた作家です。
 今回は作家ご自身も来日とのことです。素晴らしい。いつまで滞在でしょうか?

 「フィンランド」、名前は十二分に知ってはいますが、全然知らない国です。そんな国からひょっこりと作品を持参して北海道札幌市での個展です。作家のお顔を見てもその国がどんなところかはわからいでしょう。でも、マンパワーに勝る触れ合いはないでしょう。
[PR]

# by eitu | 2013-11-17 13:53 | レタラ
2013年 11月 17日

⇒学生展)「油展 道教育大学岩見沢校美術コース 油彩研究室展」コンチネンタル 11月12日(火)~11月17日(日)

f0142432_10103966.jpg



油展yuten 

北海道教育大学岩見沢校
芸術課程美術コース 油彩研究室展
      
     

    
 会場:コンチネンタル・ギャラリー  
      南1条西11丁目 コンチネンタルビル・B1F
      (西11丁目通の西側)
      電話(011)221-0488

 会期:2013年11月12日(火)~11月17日(日)
 休み:
 時間:10:00~18:00

※ レセプションパーティ ⇒ 11/16(土) 18:30~   

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(11.1)

 案内をいただきました。ありがとうございます。


 この時期のこの場所で毎年開催されている展覧会です。それなりに毎年見ていて、楽しみにしている学生絵画展です。

 迫力不足なのが残念なところです。が、学生とも会話ができて楽しい時間には違いありません。
 各学生が1点か2点を淡々と出品しています。とりたててサブ・テーマなどは設けず、特陳コーナーなどもなく、個別作品との会話重視です。

 寒くなったこの時期、当館特有の静けさ、ムード、臭いが、「絵画鑑賞をしている」という気分を盛り上げます。

 さて、今年はどんな刺激があるでしょうか?期待しましょう。
[PR]

# by eitu | 2013-11-17 10:04 | コンチネンタル
2013年 11月 17日

⇒追悼展) 「(砂澤チニタ展) THIS IS CHINITA vol,3」 さいとう 11月12日(火)~11月17日(日)

f0142432_0853.jpg







(砂澤チニタ展) 

THIS IS CHINITA
 vol,3       
     
             


 会場:さいとうギャラリー 5階  
     中央区南1条西3丁目1
      ラ・ガレリア5階
      (北東角地。
      1階が日産のショールーム。)
     電話(011)222-3698

 会期:2013年11月12日(火)~11月17日(日)
 休み:月曜日(定休日) 
 時間:10:30~18:30
     (最終日は、~17:00まで)

※ オープニング パーティー ⇒ 初日 「「ディスコチニタを偲ぶ会」 開催時間は不明。夕方からでしょう。
            18:30~ 東北大震災のためのチャリティーオークション
 

ーーーーーーーーーーーーーー(11.8)

 案内をいただきました。ありがとうございます。


 砂澤チニタさんは最近お亡くなりになりました。彼女を偲んでの個展だと思います。
[PR]

# by eitu | 2013-11-17 00:04 | さいとう
2013年 11月 16日

⇒企画展)「Pepper’s Project Ex. COMMUNICATION ART」(東京)ペッパーズG. 11月4日(月)~11月16日(土)

f0142432_203128.jpg






Pepper’s Project Exhibition 

 コミュニケーションアート展    
      


 会場:(東京)ペッパーズ ギャラリー   
      東京都中央区銀座7-13-2  銀座バインビルB1
      (JR各線:日暮里駅南口より徒歩10分。
       東京メトロ千代田線:根津駅1番出口、or千駄木駅1番出口より徒歩13分)   
      電話(03)3544-3240 


Program1 

 会期:2013年11月4日(月)~11月16日(土)
 休み:日曜日 
 時間:?:00~16:00

 【参加作家】
 CHIE 安井春菜 下田麻弥 及川真雪 宮川ちえ 他、18名
 (パンフを拡大して確認して下さい。)

ーーーーーーーーーーーーーーーー(11.1)

 参加しているCHIEさんから案内を頂きました。ありがとうございます。


 「ひととひととどうふれあうか、ひととさくひんがどうふれあうか、そこからなにかがうまれ、なにかがはじまる・・・」


 17名という多人数の企画展です。作品案内を見ると、若い作家が多いのかな?と何となく思います。

 参加するCHIEさんも若い。「FOPPISH GIRL (袋かぶり娘)」を画題にして、無茶苦茶描いています。顔が見えないことを良いことにして、包丁を振り乱したり、血を流したりと、溢れるエネルギーを出しまくっています。
 札幌を拠点にしている作家ですが、こうして東京とかニューヨークにと、最近は忙しそうです。良いことです。
 今回は箱に入った絵巻物本の出品です。どういう反応が得られるか?それをバネにして、一層ハッスルするのでしょう。 
[PR]

# by eitu | 2013-11-16 19:51 | ●[道外:東京 他]
2013年 11月 16日

○音楽会)「北海道大学交響楽団 第126回定期演奏会」 札幌市民ホール 11月16日(土) 18:30~ 自由席900円

f0142432_17184043.jpg




北海道大学交響楽団
第126回定期演奏会
  





 【曲目】 ブラームス    交響曲第1番ハ短調作品68
      ヴェルディ    歌劇「ナブッコ」序曲
      チャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット」
      川越守      ひびき第19番 Caprlcclo   
      

 【指揮】 川越守 

 【日時】 2013年11月16日(土) 
       開場 18:00 開演 18:30~ 
 
 【料金】 指定席 1000円 自由席 900円 【会場】 札幌市民ホール 大ホール 
       (地下鉄大通駅31番出口正面)
     電話

 注意 ⇒ 詳細等、DMを拡大して確認して下さい

 ーーーーーーーーーーーーーーー(11.4)


 しばらく音楽会からは遠のいています。しっかりメモを取って予定表に入れておかないといけない。いつもいつも忘れてしまう。そしてなかなか行くことができない。こんなことをいつも言って、人生が終わるのだろう。
[PR]

# by eitu | 2013-11-16 17:03 | ○音楽会
2013年 11月 16日

⇒団体展)「北海道九条美術の会 結成7周年作品展」 時計台 11月11日(月)~11月16日(土)

f0142432_933425.jpg



北海道九条美術の会 
結成7周年作品展
      




 会場:札幌時計台ギャラリー 3階全室 
    中央区北1条西3丁目・札幌時計台文化会館
    (東西に走る仲通りの北側のビル)
    電話(011)241ー1831

 会期:2013年11月11日(月)~11月16日(土)
 時間:10:00~18:00 
     (最終日は、~17:00まで)

 【参加作家】
 (パンフを拡大して確認して下さい。)

※ オープニング パーティー ⇒ 初日 17:30~    

ーーーーーーーーーーーーー(11.1)

 事務局の福岡幸一さんから案内をいただきました。ありがとうございます。


 3階全室を使った大がかりな記念展です。
 多人数の参加です。それぞれの作家が、それぞれの日頃の活動をキラリと輝かせる作品展になるのでしょう。個性バリバリ発揮というよりも、楽しんでもらえる展覧会になるのではと思っています。
[PR]

# by eitu | 2013-11-16 09:29 | 時計台
2013年 11月 14日

⇒個展)「越後光詩作品展」 茶廊法邑 11月6日(水)~11月14日(木)

f0142432_16591889.jpg



越後光詩作品展 
     

        
 会場:茶廊法邑
      東区本町1条1丁目8-27
      電話(011)785-3607

 期間:2013年11月6日(水)~11月14日(木)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:10:00~18:00
      (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーー(10.31)

 案内を頂きました。ありがとうございます。


 「自由な精神」、これが越後光詩ワールドの基本だと思っています。
 ところで、一口に「自由な精神」と言っても何を語っているのかは意味不明です。天真爛漫な色の世界?破天荒な物語?湧き出る湧き出るイメージの重なり?

 今展の一端を示すのがDM作品でしょう。
 さて、何を表現しているのでしょう?

 送られたDMには、今展への意気込みも添えられています。それは、意気込みを越えて、宣言と言っていいでしょう。期待しましょう。
[PR]

# by eitu | 2013-11-14 16:54 | (茶廊)法邑
2013年 11月 10日

⇒個展)「佐藤菜摘個展 ゆめのなかの手紙」 ト・オン・カフェ 10月29日(火)~11月10日(日)

f0142432_2217334.jpg



佐藤菜摘個展 
ゆめのなかの手紙
    
         

 

 会場:TO OV cafe(ト・オン・カフエ)
      中央区南9西3-1-1
       マジソンハイツ1F
      (地下鉄中島公園駅下車。
      北東に徒歩2分。北東角地。)
     電話(011)299ー6380

 会期:2013年10月29日(火)~11月10日(日)
 休み:会期中無休 
 時間:月曜~土曜   10:30~22:00
     日曜日&最終日 10:30~20:00
 電話:(011)299-6380


※ オープニング・ライブ ⇒ 初日 19:00~ 弾き語り Chima    

ーーーーーーーーーーーーーーー(10.22)

 案内をいただきました。ありがとうございます。

 油絵中心の展示になるとのことです。



 今日の新聞に道展の記事があった。佐藤菜摘さんも取り上げていた。まだ見に行っていない。行かなくちゃ!
 今展も早めに見に行かないと!
[PR]

# by eitu | 2013-11-10 22:02 |   (カフェ)ト・オン
2013年 11月 10日

⇒個展)「伴百合野展 『たとう(畳)紙に游ぶ』」 エッセ 11月5日(火)~11月10日(日)

f0142432_21501425.jpg
  
   





伴 百合野展 
たとう(畳)紙に游ぶ
          




 会場:ギャラリー・エッセ
     北区北9条西3丁目9-1 
       ル・ノール北9条ビル1階
     (南北に走る片側2車線道路の東側。)
     電話(011)708-0606

 会期:2013年11月5日(火)~11月10日(日)
 休み:月曜日
 時間:10:00~19:00
     (最終日は、~17:00まで)

※ 作品解説          ⇒ 11/7(木) 10:30~12:00
※ ワーク・ショプ(見学自由) ⇒  同日   13:00~15:00
 

ーーーーーーーーーーーーーーーー(10.24)

 案内をいただきました。ありがとうございます。


 伴百合野さんは日本画家です。

 「たとう紙」とは、着物などをしまうための和紙です。伝統的包装用紙とでもいえばいいのでしょう。その、包装用紙を拡げて、伴・日本画の支持体にするのです。その描かれた「たとう紙・日本画」が会場を埋めるのでしょう。
 たとう紙はそれなりの大きさがあります。でも、四角形ではありません。四角形の寄り合い世帯のような形です。その変形日本画を縦横斜めと、いろんな貼り方、重なり方、連なり方にして游ぶのでしょう。まさに、伴百合野・たとう紙物語です。

 可憐な遊びになるのか、妖艶な戯れになるのか?紙は広がり、部屋は埋め尽くされ、夢舞う秋の・・・。
[PR]

# by eitu | 2013-11-10 21:44 | エッセ
2013年 11月 10日

⇒団体展)「第2回 石狩美術協会展」石狩ArtWarm 11月3日(日)~11月10日(日)

f0142432_13382452.jpg



第2回 石狩美術協会展 




 会場:ArtWarm(アート・ウォーム)
     石狩市花畔1条1丁目56番地
     (道道石狩手稲線沿い東側。
      石狩市役所より北方向へ500m、
      レンガ造りの建物。)
     電話(0133)64-4664

 会期:2013年11月3日(日)~11月10日(日)
 休み:
 時間:10:00~18:00
     (最終日は、~16:00まで。)

 【参加作家】
 (チラシを拡大して確認して下さい。)

 主催:当協会
 共催:当館

ーーーーーーーーーーーー(10.20)

 案内をいただきました。ありがとうございます。


 「石狩」、無意識に札幌圏と思い込んでしまい、「石狩美術協会」という言葉に馴染めない気分になります。それではいけないのです。札幌で活躍していても、「石狩は石狩」なのです。

 昨年、第1回展を見ました。画家さんとも少しはお話をしてきました。本編への掲載はしていません。
 今年も立ち寄りたいと思っています。見に行けたら、今回は簡単な形でも掲載したいと思っています。
[PR]

# by eitu | 2013-11-10 13:33 | [石狩]
2013年 11月 10日

⇒団体展) 「第42回 北海道書道連盟展」 スカイホール・大通美術館 11月5日(火)~11月10日(日)

f0142432_0454454.jpg




第42回 
北海道書道連盟展
 




 会期:2013年11月5日(火)~11月10日(日)
 時間:10:00~18:00
      (最終日は、~16:00まで。) 
  

 以下の2会場。


◎ 出品者名「ナ」~「ワ」、「ア」の作品

 会場:大丸藤井セントラル・7Fスカイホール 
      中央区南1条西3丁目
       (東西に走る道路の南側)
      電話(011)231-1131


◎ 出品者名「イ」~「ト」の作品

 会場:ギャラリー大通美術館  
       大通西5丁目11・大五ビル 
       (南進一方通行の西側。)
     電話(011)231-1071



 【参加作家】
 多数 

 主宰:当連盟

ーーーーーーーーーーーーーーーー(10.21)

 参加されている樋口雅山房さんから案内をいただきました。ありがとうございます。


 2会場で開催される連盟加入の会員展です。

 各書家は一点のみの出品でしょう。ですから、個別に楽しむというよりも、北海道全体の「今の書の姿」を確認できるでしょう。
 そして、お気に入り書家の、他の書家との違いや、北海道での位置付けも分かるかもしれません。
 ランダムに見ていって、好きな書家・書風に会えるかもしれません。

 
[PR]

# by eitu | 2013-11-10 00:26 | 大丸藤井セントラル  
2013年 11月 09日

⇒個展)「浮世絵師 小倉宗個展」 時計台 11月4日(月)~11月9日(土)

f0142432_9493071.jpg



浮世絵師 小倉宗個展       




 会場:札幌時計台ギャラリー 3階全室 
    中央区北1条西3丁目・札幌時計台文化会館
    (東西に走る仲通りの北側のビル)
    電話(011)241ー1831

 会期:2013年11月4日(月)~11月9日(土)
 時間:10:00~18:00 
     (最終日は、~17:00まで) 

ーーーーーーーーーーーーー(11.1)

 案内をいただきました。ありがとうございます。


 添え文に「お元気ですか」とあります。本当にそうです。
 小倉宗さんの作品を当館で見たのは何年前でしょうか、もう10年近くなると思います。翌年だか、翌々年にも続けての個展開催でしたが、それ以来です。

 今展の案内で驚いたのは、「浮世絵師」と自称していることです。そんな印象を持ってはいないのです。バリバリの洋画家という印象です。
 それと、DM作品の回りには、芸術に対する思いを連綿と綴っていることです。こんな難しいことを直接語る人だったのか、と驚いています。


 以前の作風は、「楽しい中にも怖さ有り」というものでした。小品を沢山展示していました。しかも廉価で。僕も一点持っています。

 さて、外向きには大きな変化を感じる小倉宗さんです。絵はどうなっているのでしょうか?気になると同時に、楽しみな個展です。変な、不思議な絵が好きな方にはお薦めです。
 ちなみに、作家は岐阜県在住です。
[PR]

# by eitu | 2013-11-09 09:43 | 時計台