栄通の案内版

eitu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:企画展 ( 113 ) タグの人気記事


2011年 03月 13日

⇒グループ展) 「Wear a button.」ト・オン・カフエ 2月24日(木)~3月13日(日)

f0142432_0102257.jpg
○ Wear a button. 


 会場:TO OV cafe(ト・オン・カフエ)
      中央区南9西3-1-1
       マジソンハイツ1F
      (地下鉄中島公園駅下車。
      北東に徒歩2分。北東角地。)
     電話(011)299ー6380

 会期:2011年2月24日(木)~3月13日(日)
 休み:会期中は無休
 時間:10:30~22:00
    (日曜日は、10:30~20:00)
 電話:(011)299-6380

 【参加作家】
 相川みつぐ 樫見菜々子 中西揚一 jobin 伊藤計画 高橋喜代史 本田征爾 kuriken 今村育子 高幹男 森迫暁夫 pater 犬養康太 武田浩志 森本めぐみ PAUL・・・以上、16名。 

ーーーーーーーーーーーーーーー(3.10)

 ボタンに関する展覧会のようです。ズバリ「ボタン」の展示でしょうか?それともボタンに関する美術展でしょうか?
 「¥300」とDMの四隅にあります。300円均一展でしょうか?

 長い展覧会なのに、遅い記事になりました。見知った作家名があるので載せたくなりました。
 今度の日曜日までです。
[PR]

by eitu | 2011-03-13 00:01 |   (カフェ)ト・オン
2010年 12月 18日

⇒企画展)アトリエムラ・カフェ 「第6回企画展 [彫彫発止](6名の立体+α展)」 9月5日(日)~12月18日(土)

f0142432_13413316.jpg
○    ~第6回 特別記念企画~

   彫彫発止
     (6名の立体+α展)



 会場:アトリエムラギャラリー <札幌>
    中央区南13条西11丁目2-12
    (宮越屋珈琲石山通店の横を入る。
      狭い仲通の北側。
      民家風のモダンな建物。 
     じょうてつバス停「南14西11」から徒歩3分。
     駐車場3台有。)
    電話(011)590-0050 
 
 会期:2010年9月5日(日)~12月18日(土)
 休み:日・月曜日(定休日)    
 時間:10:00~17:00

 【参加作家】
 荒井涼子 柿崎熙 川上りえ 塩野太郎 清水優 手嶋大輔
 
f0142432_1434249.jpgーーーーーーーーーーー(8.19)






 案内状を頂ました。ありがとうございます。

 詳細な作家紹介文も添えられています。掲載しますので参考にして下さい。


 今展は立体作家による立体展です。鉄・木・石膏といろいろです。
 決してだだっ広くない会場なのに「立体展」中心というのが好ましい。壁面作品の中で、空いた空間利用としての立体展示、これがオーソドックスなスタイルです。実際、当館もそういうスタイルでした。今後も基本はそうでしょう。しかし、そういう固定観念的イメージは良くないとの思いが、オーナーにはあったのでしょう。

 企画展とは基本的には企画者の展覧会です。
 参加作家は企画者の手の中で踊っているのです。踊っている人と踊らせている人、両者の響き合いを見逃さないでおきましょう。そこに踊り手同士の絡み合いもあります。鑑賞者の外野からの声もあります。スタジアムでのスポーツ試合です。テレビ観戦も良いが、スタジオでの生の方が良い。観戦を超えて参加も可能です。

f0142432_1442150.jpg
[PR]

by eitu | 2010-12-18 13:34 |  (カフェ・アトリエ・ムラ)
2010年 07月 14日

⇒個展) 門馬 「日常にアートを Living with Art」 7月7日(水)~7月14日(水)

f0142432_12254425.jpg

○ 日常にアートを
   Living with Art


 会場:ギャラリー・門馬
     中央区旭ヶ丘2丁目3-38
     (バス停旭ヶ丘高校前近く) 
     電話(011)562ー1055

 会期:2010年7月7日(水)~7月14日(水)
     (会期中無休)
 時間:11:00~18:00

※ ギャラリー・トーク ⇒ 7月10日(土) 16:30~18:00 トーク
                          18:00~19:30 交流会

 【参加作家】
 国松希根太(彫刻) 久野志乃(絵画) 船山奈月(木工) 堀内亜理子(漆) 松川明日香(金工) 森つくし(陶芸) 吉本亜矢(家具デザイナー)

f0142432_12261339.jpg 企画:当館・本間真理

ーーーーーーーーーーーーーー(7・11)

 いろんな分野の若手7名による企画展覧会です。作家のプロフィールはフライヤーを拡大して下さい。

 ギャラリー巡りをご無沙汰していると、情報不足になります。今展も今週の水曜日までです。何とか見に行きたいものです。

 
[PR]

by eitu | 2010-07-14 11:59 | 門馬・ANNEX
2010年 03月 05日

⇒企画展) アトリエムラ 「第4回企画展 [Three Pairs !]」 11月1日(日)~2010年3月5日(金)

f0142432_12221053.jpg
○    ~第4回 特別記念企画~

   Three Pairs !]


 会場:アトリエムラギャラリー <札幌>
    中央区南13条西11丁目2-12
    (宮越屋珈琲石山通店の横を入る。
     狭い仲通の北側の民家風のモダンな建物。 
     駐車場3台有。)
    電話(011)590-0050 
 
 会期:2009年11月1日(日)~2010年3月5日(金)
 休み:火曜日、第4水・木曜日
 冬期休館:2009年12月22日~2010年1月9日(土)    
 時間:10:00~19:00
     (最終日は、~17:00まで)

 【参加作家】
 阿部典英・阿部美智子  三木俊二・かとうかずみ  平野尚幹・品田かなた
 
ーーーーーーーーーーー(12・4)

 案内状を頂ました。ありがとうございます。

 (10月下旬という早い時期に、詳細な案内状を頂きました。掲載が遅くなってすいませんでした。)


 今回は道内外の3組のペアーの作家・6名の企画展覧会です。

 ペアー展と聞けば僕の場合は夫婦展を連想してしまう。ところが今回の3組の場合は同姓は阿部組だけで、そのお二方も顔写真を見ればとても御夫婦には見えません。濃密な関係のペアー展のようですから、単なる名前つながりと云うことではないでしょう。すると親子?
 はてさて他の組み合わせは友人?カップル?少なくとも男女の組み合わせです。
 DMを見ては彼・彼女等の関係にあれこれと空想を働かせてみる。会場に行っては作品の中で相互の通奏低音を受け取る。そして作家達全体の響き会い。その組み合わせを演じた企画者(当館オーナー・呉妙子)の感性や意図も楽しんでみては。
 個々の作家の要を得た紹介文をいただきました。
 不思議な造形、絵本作家、相反する心象、カラーリスト、手と足を使う、形と色での日々の思い・・・などの言葉があります。どの言葉が誰なのか?見てのお楽しみです。

 開かれた屋根裏ともいえる特徴あるギャラリーです。新年の前後には行って、その空気や日射しに触れたいと思っています。


追記:訂正 ⇒表題の会期を間違って記していました。申しわけありませんでした。2・12記)
[PR]

by eitu | 2010-03-05 12:08 |  (カフェ・アトリエ・ムラ)
2009年 10月 24日

⇒企画展) アトリエムラ 「第3回企画展 [Boys 美 Ambitious!]」 8月9日(日)~10月24日(土)

f0142432_1891455.jpg

○    第3回 特別記念企画
   [Boys 美 Ambitious!] 


 会場:アトリエムラギャラリー <札幌>
    中央区南13条西11丁目2-12
    (宮越屋珈琲石山通店の横を入る。 
     駐車場3台有。)
    電話(011)590-0050 
 
 会期:2009年8月9日(日)~10月24日(土)
 休み:火曜日、第4水・木曜日
 時間:10:00~19:00

 【参加作家】
 大橋博 井桁雅臣 平山好哉 橋本直樹 小市亮二 毛内やすはる

ーーーーーーーーーーー(7・19)

 案内状を頂ました。ありがとうございます。

 道内外の若き作家達・6名による企画展です。
 現在行われている企画展(8月7日・金まで)が女性ばかりですから、それとのからみで男性ばかりの展覧会のようです。

 作家名を見ると、毛内やすはるさんしか知った名前はありません。他の方が全員道外の方かどうかはわかりません。知らない作家ばかりですから気になる所です。出身地なり、現在の活動の拠点なりは会場に行って把握する事になります。
 作品はユーモア、カラフルさ、軽さ、重さ、いろいろと変化に富んでいるようです。


 まだ一度も行っていません。近々行きたいと思っています。
[PR]

by eitu | 2009-10-24 17:41 |  (カフェ・アトリエ・ムラ)
2009年 08月 07日

⇒企画・グループ展) アトリエムラ 「第2回企画展 Girls美Ambitious!」 5月17日(日)~8月7日(金)

f0142432_18405214.jpg
○    第2回 特別記念企画
   [Girls美Ambitious!] 




 会場:アトリエムラギャラリー <札幌>
    中央区南13条西11丁目2-12
    電話(011)590-0050  
 会期:2009年5月17日(日)~8月7日(金)
 休み:火曜、第4水・木曜
 時間:10:00~19:00

※ オープニング・パーティー ⇒ 初日 19:00~20:00。

 【参加作家】
 ASADA 曾田(アイタ)千夏 竹内明子 麻生知子 松隈無憂樹 三木サチ子 

ーーーーーーーーーーー(5・8)

 案内状を頂ました。ありがとうございます。

 昨年、当館が誕生したのは知っていました。若い人中心の第1回企画展のパンフやDMを市内で見ています。かなりの期間だったと思いますが、行けずじまいでした。行かなかったのに、こうして案内をいただけるとは嬉しい限りです。

 今展は女性6名の参加です。よく分からない人が大半です。知らない人が多いと思うと行きたくなります。DMを見る限りでは具象・抽象・ポップ、自然や都会にアニメ風と多義に渡っています。会場の広さや雰囲気も分からないので、どんな展示か想像もつきませ。気になる所です。

 「ギャラリーとカフェの融合空間」とあります。カフェ&ギャラリーなのか、ギャラリー中心なのかもわかりません。行って確認しないと。




 
[PR]

by eitu | 2009-08-07 18:31 |  (カフェ・アトリエ・ムラ)
2009年 07月 08日

⇒企画展)創他・3会場 「PLUS1+柴橋伴夫・企画 ー空間の触知へ・連鎖の試み」 8月4日(火)~8月23日(日)

f0142432_1414399.jpg○ PLUS1 + 柴橋伴夫・企画
   空間の触知へ ~連鎖の試み
     2009年8月4日(火)~8月23日(日)


 以下、3会場での企画展。


 ◎ 会場:TO OV cafe(ト・オン・カフエ)
    中央区南9西3-1-1・マジソンハイツ1F
    (地下鉄中島公園駅から東北に徒歩2分)
    電話(011)299ー6380

 会期:2009年8月4日(水)~8月16日(日)
 休み:会期中は無休
 時間:10:30~22:00
     (日曜 10:30~20:00)

 【参加作家】 千代明 秋山一郎 齋藤周


 ◎ 会場:ギャラリー創(ソウ)
    中央区南9条西6丁目1-36・U-STAGE1F
    (地下鉄中島公園駅から西に徒歩5分。南9条通り沿いの南側。)
    ※駐車場は2台分完備
    電話(011)562ー7762

 会期:2009年8月12日(水)~8月17日(火)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
     (最終日は、~17:00まで)

 【参加作家】 藤本和彦 澁谷俊彦


 ◎ 会場:ギャラリー・エッセ
     北区北9条西3丁目9-1 
       ル・ノール北9条ビル1階
     (南北に走る片側2車線道路の東側。)
     電話(011)708-0606

 会期:2009年8月11日(火)~8月23日(日)
 時間:10:00~19:00
     (最終日は、17:00まで)

 【参加作家】 谷口明志 坂東宏哉 大島潤也 ダム・ダン・ライ

   ~~~~~~~~~~~~~~~~

f0142432_1425526.jpg○ PLUS 1  Groove 2009
    
 会場:コンチネンタル・ギャラリー
    南1条西11 コンチネンタルビルB1F
    (西11丁目通の西側)
    電話(011)221-0488

 会期:2009年8月7日(金)~8月16日(日)
 時間:10:30~18:00

※ オープニング・パーティー ⇒ 初日、18:00~
※ ベトナム報告展      ⇒8月8日(土) 18:00 於・ト・オン・カフェ

 【参加作家】 千代明 齋藤周 藤本和彦 谷口明志 坂東宏哉 ダム・ダン・ライ 田畑拓哉・・・以上、7名。

ーーーーーーーーーーーーーー(7・8)

 「プラス・ワン(plus 1)」という美術グループがあって、彼等と柴橋伴夫氏とが一緒になっての企画展です。「空間の触知」がトータル・コンセプトです。そして、作家作家同士の「対話」、「差異」がどうなされるのかも問うています。

 企画展は3つですが、プラス・ワン展を含めて4会場での連続展です。その姿は、札幌で空間構成に取り組む作家達の現在の関心の一端を、見る者にはっきりさせることでしょう。
 「触知」という生理と知性のまぜこぜになった言葉を使っています。
 空間をどうするかと云う、どちらかといえば知性を重視した集団だと思っています。感性をいかに取り込むか、その辺もこの集団の課題としている事でしょう。
 「他者」との接点、これも課題でしょう。「他者」、作家仲間であり、見る人であり、彼自身でしょう。

 各会場の会期は比較的長い、非常にゆったりした展覧会です。重複会場の作家もいて、その比較も楽しむ事ができます。
 そして、企画者・柴橋伴夫氏の論評もどこかの会場で用意されていることでしょう。
[PR]

by eitu | 2009-07-08 23:48 | ★★多会場展覧会
2009年 05月 28日

⇒企画展)JRタワープラニスホール 「リニューアル記念 SAPPORO ART PLANETS展」 5月9日(土)~5月28日(木)

f0142432_7551349.jpg
○ JRタワープラニスホール リニューアル記念
    SAPPORO ART PLANETS・展

 会場:JRタワープラニスホール 
     中央区J北2条西5丁目・札幌エスタ11階
     電話
 日程:2009年5月9日(土)~5月28日(木)
     (会期中無休)
 時間:10:00~19:00

 主催:札幌駅総合開発株式会社

 【参加作家】
 札幌在住作家、35名。(お名前はDMを拡大して確認して下さい。)

ーーーーーーーーーーーーーーー(5・25・月)

 新しい展覧会場が誕生したようです。

 JRタワー自体が美術作品とお客とのコミュニケートを積極的に推し進めています。
 会場がどういう風に使われていたかは知りませんが、アート展開催可能な空間に衣替えしたとのことです。そのこけら落とし展です。

 ベテラン中堅を中心にした札幌在住作家のオールスター的展示のようです。
 今後も今回のようなオーソドックス展ばかりでなく、意欲展、野心展、パワフル展、無手勝流展、若人展、心に沁みるドキドキ展、個展などいろんな取り組みを期待したいです。

 28日の木曜日までです。まだ行っていない。行かなくちゃ。
[PR]

by eitu | 2009-05-28 07:38 | JRタワープラニスホール
2009年 04月 04日

⇒企画展) 近代美術館 「セザンヌ主義(STV創立50周年記念)」 2月7日(土)~4月12日(日)

f0142432_10241635.jpg○ セザンヌ主義
    ~父と呼ばれる画家への礼賛
      ピカソ・ゴーギャン・マティス 他
       (STV創立50周年記念)

 会場:北海道立近代美術館
    中央区北1条西17丁目   
    電話(011)644-6882
 会期:2009年2月7日(土)~4月12日(日)
 時間:9:30~17:00 (入館は16:30まで)
 休み:月曜日(定休日)
 料金:当日券・一般1,300円 高大生900円 小中学生500円

 主催:当館 札幌テレビ放送

ーーーーーーーーーーー(2・4)

f0142432_104332.jpg 確かにセザンヌは大事な人だ。現代美術の巨匠と呼ばれた人達に多大な影響を与えたことは間違いない。
 僕自身はというと、学校での美術の時間では全然興味が湧かなかった。ところがどうしたことか、50代で絵を見始めた時にまっさきに関心がもたれたのはセザンヌだった。わざわざ旭川までたった一枚の彼の静物画を見る為に足を運んだ。行って良かった。

 彼はいくつかの視点を同時に絵画に取り入れて一枚の平面空間として構築した。絵全体の硬さと、絵そのものの嘘さ加減が見る者に不思議な体験をもたらす。
 あまりにも古典の大家となったセザンヌである。彼の画法を絵画の方法・技術論として研究するか、セザンヌの絵画史の位置付けとして勉強するか、特殊な絵画体験として接近するか、現在では人それぞれのセザンヌの楽しみ方があろう。

 40点ほどのセザンヌ原画の展示という。道内でこれほどまとまって見れる機会は少ないだろう。
[PR]

by eitu | 2009-04-04 12:36 | ☆道立近代美術館
2009年 03月 29日

⇒企画展) 岩見沢90° 「12人の学生によるリレー形式の個展」 1月18日(日)~3月29日(日)

f0142432_159055.jpg○ ~90°で(約)90日間のプロジェクト~
   12人の学生によるリレー形式の個展

 (1) 1/18~21  柏崎結衣・梁田友紀 「ほそまい-風の色-」
 (2) 1/26~29  井上愛美  「おわるまえにはじまる」
 (3) 2/2~5    中嶋彩 「薫来」
 (4) 2/9~12   太田理美「Mouth」
 (5) 2/15~18   林紗綾香 「強制と共生」
 (6) 2/21~24   小池康子 「想」
 (7) 2/27~3/2  山越美里 「雪中雪下」
 (8) 3/5~8     落井美紗子 「あれもそれも」
 (9) 3/11~14   佐藤暁音 「空虚」
 (10) 3/18~21  渡邊靖予 「うさぎたちのひとり言」
 (11) 3/26~29  山下絵里香 「白い冥界」

 会場:イワミザワキュウマル(iwamizawa・90°)・1F 90°ギャラリー
     岩見沢市3条西5丁目5-1
     (JR岩見沢駅より駅前通りの左側を徒歩5分。
      通りに面した東南角地。)
  電話:(担当・遠藤)090-7645-0671 
 会期:2009年1月18日(日)~3月29日(日)
 時間:24時間
     (展示はショー・ウインドー的な所です。)

※パーティー
   1/18(日)  オープニングパーティー
   2/22(日)  くるくるパーティー
   3/31(火)  クロージングパーティー
     いずれの日も 17:30~ 参加料500円  会場・iwamizawa90°

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(1・30)

 (上の写真は今展の展示空間です。)

 90°ギャラリーは通りに面したガラス張りのショーウィンドウの小さなギャラリーです。屋外から鑑賞していただく形になります。(案内文より)


 2畳程の狭い空間です。岩見沢の駅前通を歩く機会があれば、ちょっと顔を向けてあげて下さい。
 参加者は女性ばかりです。おそらく、教育大学の学生が中心でしょう。若い女学生がどんな感性なのかが分かるかもしれません。絵画というよりも立体的な作品になるのでしょう。


f0142432_15122625.jpg









f0142432_15133836.jpg









f0142432_15143489.jpg












 上の写真は駅前アーケード街の柱です。ここのギャラリーが中心になって、綺麗にピンクにお化粧しました。ちゃんと下地に錆止めも塗ってあるそうです。仕上げは2度塗りとも言っていました。たいしたものだ。
 携わった女性に、「もっと塗りたいでしょう?」と尋ねたところ、「もういいです」という返事でした。ご苦労さんでした!(11・29)
[PR]

by eitu | 2009-03-29 15:15 | [岩見沢]キュウマル 他