タグ:油彩画 ( 57 ) タグの人気記事


2010年 08月 01日

⇒個展) ト・オン・カフエ 「富田知子・展」  7月21日(水)~8月1日(日)

f0142432_702081.jpg
○ 富田知子・展

 会場:TO OV cafe(ト・オン・カフエ)
     中央区南9西3-1-1
       マジソンハイツ1F
     (地下鉄中島公園駅下車。
     北東に徒歩2分。北東角地。)
      電話(011)299ー6380

 会期:2010年7月21日(水)~8月1日(日)
 休み:会期中は無休
 時間:10:30~22:00
    (日曜日は、10:30~20:00)

ーーーーーーーーーーーーーーー(7・13)

 行動美術会員・全道展会員の富田知子さんの個展です。
 コンパクトな会場ですが、若手作家を中心にいろんな展示空間を演出しています。そんな場で、公募展作家がどういう作品の組み合わせで望むのでしょうか。
[PR]

by eitu | 2010-08-01 06:51 |   (カフェ)ト・オン
2009年 04月 29日

⇒個展) オリジナル画廊 「加我雅恵・展」 4月22日(水)~4月29日(水・祝)

f0142432_21591769.jpg○ 加我雅恵・展

 会場:オリジナル画廊
     札幌市中央区南2条西26丁目3-10
     電話(011)611-4890  
 会期:2009年4月22日(水)~4月29日(水・祝)
 休み:日曜日(定休日)
 時間:11:00~18:00
    (最終日は、~16:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーー(4・15)

 案内状を頂きました。有難うございます。
 (DM作品は、「夢のあとに」・F20。)

 DM作品は支持体に糸を張り巡らせて、その上から絵を描いています。支持体はキャンバスでしょう。コラージュというよりも、二重の支持体と言った方がいいかもしれない。キャンバスの支持体が「夢のはじまり」だとしたら、糸の支持体に描かれた世界が「夢の残り香・夢の後の始まり」、それではどんな夢?

 先日のたぴおの「春の協奏曲・展」では小品を沢山だしていました。今回は中作中心でしょう。絵に個性が、それも強い意欲が出始めた加我雅恵さんです。



[PR]

by eitu | 2009-04-29 21:52 | オリジナル画廊
2009年 04月 04日

⇒企画展) 近代美術館 「セザンヌ主義(STV創立50周年記念)」 2月7日(土)~4月12日(日)

f0142432_10241635.jpg○ セザンヌ主義
    ~父と呼ばれる画家への礼賛
      ピカソ・ゴーギャン・マティス 他
       (STV創立50周年記念)

 会場:北海道立近代美術館
    中央区北1条西17丁目   
    電話(011)644-6882
 会期:2009年2月7日(土)~4月12日(日)
 時間:9:30~17:00 (入館は16:30まで)
 休み:月曜日(定休日)
 料金:当日券・一般1,300円 高大生900円 小中学生500円

 主催:当館 札幌テレビ放送

ーーーーーーーーーーー(2・4)

f0142432_104332.jpg 確かにセザンヌは大事な人だ。現代美術の巨匠と呼ばれた人達に多大な影響を与えたことは間違いない。
 僕自身はというと、学校での美術の時間では全然興味が湧かなかった。ところがどうしたことか、50代で絵を見始めた時にまっさきに関心がもたれたのはセザンヌだった。わざわざ旭川までたった一枚の彼の静物画を見る為に足を運んだ。行って良かった。

 彼はいくつかの視点を同時に絵画に取り入れて一枚の平面空間として構築した。絵全体の硬さと、絵そのものの嘘さ加減が見る者に不思議な体験をもたらす。
 あまりにも古典の大家となったセザンヌである。彼の画法を絵画の方法・技術論として研究するか、セザンヌの絵画史の位置付けとして勉強するか、特殊な絵画体験として接近するか、現在では人それぞれのセザンヌの楽しみ方があろう。

 40点ほどのセザンヌ原画の展示という。道内でこれほどまとまって見れる機会は少ないだろう。
[PR]

by eitu | 2009-04-04 12:36 | ☆道立近代美術館
2009年 03月 31日

⇒個展) カフェ・エスキス 「吉田一雄・油彩画展」 3月5日(木)~3月31日(火)

f0142432_2140775.jpg○ 吉田一雄・油彩画展


 会場:カフェ エスキス
    中央区北1条西23丁目1-1・メゾンドブーケ円山1F
    (南東角地)
    電話(011)615-2334
 期間:2009年3月5日(木)~3月31日(火)
 休み:水曜日(定休日)、3月17日(水)は臨時休業日 
 時間:12:00~24:00
    (日・祝日は、~21:00まで)

 企画:あべ香織

ーーーーーーーーーーーーーーーー(2・8)


 「ポップでカラフルな今にも踊りそうな作品が集まりました。
 父の作品でひと足早い春を感じて頂けたら嬉しく思います」(DMより。)

 作家は旭川在住のベテラン画家です。札幌にお住まいだと思いますが、娘さんが企画しての展覧会だと思います。一昨年の秋にもギャラリー創で吉田一雄・展がありましたが、その時も娘さんが企画というかいろいろと奔走されていました。

 DMにもあるようにカラフルな油彩画です。ベテランの自由な感覚、今風に言えばポップで軽くて楽しい作品です。

 栄通記の382383で紹介しています。
[PR]

by eitu | 2009-03-31 21:28 | (カフェ)エスキス
2009年 03月 29日

⇒個展) 大通美術館 「鈴木喜景・油彩展  ー版画・油彩ー」 3月24日(火)~3月29日(日)

f0142432_11183131.jpg○ 鈴木喜景・油彩展  ー版画・油彩ー

 会場:大通美術館 
    大通西5丁目11・大五ビル 
    (南進一方通行の西側。)
    電話(011)231-1071
 会期:2009年3月24日(火)~3月29日(日)
 時間:10:00~19:00
    (最終日は ~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(3.20)

 ベテラン・アマチュア画家の個展。

 自由に自由に、おおらかにおおらかに、それが鈴木・油彩画のエッセンスです。
 何時か何処かで見たことのある都会の風景、田舎の風景を、ちょっと鈴木風にアレンジして、女性も添えてロマンを漂わせています。
 それでいて「芸術という味の素」をどれだけ絵画に反映できたか.
楽しい絵であり夢があり、さらにさらに開かれた絵を期待している鈴木・ワールドです。
[PR]

by eitu | 2009-03-29 11:16 | 大通美術館
2009年 03月 28日

⇒個展) (喫茶)レ・ノール 「加我雅恵・個展」 2月23日(月)~3月28日(土)

f0142432_16381650.jpg○ 加我雅恵・個展    

 会場:画廊喫茶 レ・ノール
   中央区大通東1丁目 中央バス札幌ターミナル地下
   (北西角地。南進一方通行の創世川通りの東側。)
    電話(011)261-6377  
 会期:2009年2月23日(月)~3月28日(土)
 時間:10:00~18:00
      (最終日は 17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(2・3)

 (DM作品は、「ヨイク、光るつぼ」・F3。)

  夜空に向い歌うように描きました。
  ・・・  (DMより)

 確かに楽しそうな絵です。
 加我さんも昨年は沢山描き、沢山発表した。そして今年もその意欲は変わらないでしょう。

 追記(2・10):案内状を頂ました。ありがとうございます。

 
[PR]

by eitu | 2009-03-28 16:39 | (画廊喫茶)レ・ノール
2009年 03月 08日

⇒個展) 大通美術館 「上野仁奥・個展 -油彩・淡彩ー」 3月3日(火)~3月8日(日)

f0142432_11173327.jpg○ 上野仁奥・個展  -油彩・淡彩ー

 会場:大通美術館 
    大通西5丁目11・大五ビル 
    (南進一方通行の西側。)
    電話(011)231-1071
 会期:2009年3月3日(火)~3月8日(日)
 時間:10:00~19:00
    (最終日は ~17:00まで)

 ※ 隣室では生徒展も同時開催中。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(2・24)

 案内状を頂ました。ありがとうございます。

 上野仁奥さんはベテランの油彩画家です。お洒落でシャープな絵です。
[PR]

by eitu | 2009-03-08 11:05 | 大通美術館
2009年 03月 08日

⇒2人展) さいとう 「北村トシヒロ&森井聖子  油彩小品展」 3月3日(火)~3月8日(日)

f0142432_1028079.jpg○ 北村トシヒロ&森井聖子 
    油彩小品展

 会場:さいとうギャラリー
     中央区南1条西3丁目1 ラ・ガレリア5階
     (北東角地)
     電話(011)222-3698
 会期:2009年3月3日(火)~3月8日(日)
 時間:10:30~18:30
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーー(3・2)

 案内状を頂ました。ありがとうございます。

 ちょっとお2人の関係もわかりませんし、2人展といっても独立した展覧会かもしれません。
 DMで見る限りでは、北村さんは風景画、森井さんは静物画が中心のようです?
 小品展です。心和む展覧会になるでしょう。
[PR]

by eitu | 2009-03-08 10:20 | さいとう
2009年 03月 01日

⇒個展) ミヤシタ 「藤山由香・展 ~過ぎいく日に」 2月11日(祝・水)~3月1日(日)

f0142432_17472841.jpg○ 藤山由香・展
    ~過ぎいく日に

 会場:ギャラリーミヤシタ
    中央区南5条西20丁目-1-38 
    (南北の中小路の、東側にある民家)  
    電話(011)562-6977
 会期:2009年2月11日(祝・水)~3月1日(日)
 休み:月曜日(休廊日)
 時間:12:00~19:00 
     (最終日は ~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(2・2)


f0142432_17583448.jpg (DM作品は、サイズ・333×242mm)





 青色を基調にした画風です。

 終わったばかりの展覧会・「ニュー・ポイント vol.6」に彼女も出品していました。(上の写真作品です。サイズはDM作品よりも少し大きいのでは。)随分と変化していました。激しく、色付いて細やかに、そんな感じでした。今回のDM作品を見ても、同じ傾向が伺えます。
 それと、なんだか画面に人物が埋め込まれているのも同じ印象です。

 絵画には心象性はつきものです。藤山さんの場合も当然それはあります。が、心象(イメージ)をストレートに表現するというよりも、青を中心にして絵画それ自体の可能性を楽しむ、その事が自分自身を開けた存在にするということがあった。簡単に言えば、絵を描くことで救われるという側面があったと思う。
 今回は自分自身の心象をより強く吐き出そうとしているみたい。実際はどうなのでしょう?個展を楽しみにしています。
[PR]

by eitu | 2009-03-01 18:06 | ミヤシタ
2009年 02月 28日

⇒学生展) 時計台 「札幌大谷大学短期大学部美術科展」 2月23日(月)~2月28日(土)

f0142432_9552555.jpg○ 札幌大谷大学短期大学部美術科展

 会場:札幌時計台ギャラリー・2階全室
    中央区北1西3・札幌時計台文化会館
    (東西の中通りの北側にあるビル)
    電話(011)241ー1831
 会期:2009年2月23日(月)~2月28日(土)
 時間:10:00~18:00 
     (最終日は、~17:00まで)

f0142432_9574644.jpg 【出品学生】
(写真の名簿を参照して下さい。)

ーーーーーーーーーーーーー(1・30)

 先日市民ギャラリーでこの学校の美術展が開かれました。本編でも紹介しました。(まだ専攻科を載せていません!もう少しお待ち下さい。)
 今展は油彩コースの学生(大学2年・3年・4年に相当)の選抜?発表です。多人数の参加ですが、会場は2階全室を使ってなかなか広い。
 お好みの学生を見つけて下さい。

f0142432_10089.jpg
[PR]

by eitu | 2009-02-28 09:40 | 時計台